2019年のIT支出、クラウドとエンタープライズソフトウェアを中心に増加--ガートナー

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-10-22 07:30

 Gartnerによれば、2019年の世界的なIT支出は前年比3.2%増の3.8兆ドル(約430兆円)に達し、支出増の中心はエンタープライズソフトウェア、クラウド、デジタル変革プロジェクトになると予想されるという。

 この予想は米オーランドで開催された「Gartner Symposium/ITXpo」で発表されたもので、その背景にはあらゆるものがサービス化される動き「Everythign as a Service」の進展がある。GartnerのアナリストJohn-David Lovelock氏は、今回の予想には、企業が従量制モデルに移行しつつあることが影響を与えていると述べている。

 例えば、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)への移行が進むことで、2019年のエンタープライズソフトウェア支出は8.3%増加する見込みだという。また、2019年のITサービスに対する支出は、デジタル変革の進展に伴って4.7%増加する。一方、自社設備の購入からクラウドに重心が移るため、2019年のデータセンターに対する支出は1.6%増える。

世界的IT支出の動向予想

 このIT支出の増加は好景気を反映しているが、貿易戦争や為替変動などを始めとする、さまざまな不確定要因が存在する。

 Gartnerは他にも次のようなことを指摘している。

  • サーバ市場は今後5年間、毎年1~3%縮小する。
  • 企業が支出の最適化を指向していることから、ITサービスに対する支出が増加する。
  • 2019年のPC、タブレット、携帯電話に対する支出は2.4%増加する。エンタープライズ市場におけるPCの需要は、Windows 10の更新サイクルの影響を受けて、2020年までは好調が続く。ただし、PC市場はIntel製CPUの供給不足が原因で成長が減速する可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]