編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

資生堂、ダッシュボードで意思決定速度を向上--データ提供の工数を削減

ZDNet Japan Staff

2018-10-20 08:00

 資生堂は、さまざまなデータを集約して表示するダッシュボード「SHISEIDO CMI Data Viewer」にビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Tableau」を採用している。明確な費用対効果の数値化こそしていないものの、水や食料と同じレベルの重要なインフラとなりつつあるという。5月17日、Tableau Japanと共同で開いた会見で成果を語った。

 資生堂では、データの活用を進めるべく2009年に市場情報グループ(Consumer & Market Intelligence:CMI)を設置。定量と定性を含む様々なデータを集約、取締役やディレクターなどの意思決定メンバーにレポートとして提供し、市場規模や成長率、シェアの把握、成長機会の特定などに活用しているという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年6月4日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]