編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ユーザーコミュティーイベントに見る「RPA」への期待とホントのところ

ZDNet Japan Staff

2018-10-21 08:00

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)のユーザーコミュニティーであるRPA Communityは5月9日、ウイングアーク1st東京本社を会場にRPAの勉強会とユーザーによるライトニングトーク(LT)を行う「RPA勉強&LT会! RPALT vol2@ウイングアーク1st」を開催した。RPAツールとしてはポピュラーな「UiPath」を利用して、セミナー形式でRPAを学び、LTではRPAに関する悩みや意見を発表する2本立てで進められた。

 名前にあるとおり、ウィングアーク1st本社が入る住友不動産六本木グランドタワーのセミナールームで開催したが、座席数200人の会場に訪れたのは約220人(主催者発表)。RPAに対する関心度の高さがうかがえる。ある参加者の1人は「自社でRPA導入に取り組んでおり、自身も学ぶべき必要がある」と参加理由を語っていた。

RPA Community運営メンバーのチャラ電Mitz氏
RPA Community運営メンバーのチャラ電Mitz氏

 冒頭に挨拶したのはコミュニティー運営メンバーのチャラ電Mitz氏。RPAについて、「ツールやアプリにできる仕事は自動化させて、空いた時間を趣味や家族や恋人との時間に費やせば、充実感が次の仕事に対する意欲につながり、(RPAの活用が創造性の向上に寄与すれば)最高だと思う」(Mitz氏)とコスト面ばかりではなく、ユーザー視点の優位性を語った。

 だが、一方でRPAがバズワード化している現状に対して、「(RPAツールの大半は)決して安価ではない。RPAツールを用いない自動化や顧客との関係性を見直し、メールではなくチャットツールを用いるコミュニケーションを採用」(Mitz氏)することで社内の関係性強化につながると、RPAツールの導入ですべてが解決する訳ではないと釘を刺した。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年5月25日に掲載、6月7日に更新した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]