編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
Oracle OpenWorld

オラクル、企業向けのチャットボット構築・運用環境を提供

藤本和彦 (編集部)

2018-10-24 08:16

 Oracleは10月24日、企業向けのチャットボット構築・運用環境「Oracle Digital Assistant Cloud」の提供を開始すると発表した。HR、ERP、CRM、CXといった同社のSaaS製品群にデジタルアシスタントを組み込める。

 Digital Assistant Cloudは、人工知能(AI)を利用してユーザーの行動とパターンを特定・学習することで、例えば、経費の承認やミーティングのスケジュール変更といった定型作業を自動化する。同社の年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2018」では、SaaS製品群に対するAI機能を拡充が明らかにされている。

 自然言語処理(NLP)、自然言語理解(NLU)、機械学習(ML)を組み合わせることで、広範なエンタープライズアプリケーションでのデジタルアシスタントの活用を可能にする。クラウド基盤「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上に構築する。

 音声インターフェースを介してデジタルアシスタントと会話でき、Slack、Facebook Messenger、WeChatなどのメッセージングサービスに対応する。使用状況の監視や継続的な改善のための分析機能も備える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]