編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

リコー、文書チェックの時間を大幅に削減できるAI技術を開発

NO BUDGET

2018-10-25 11:09

 リコーは10月23日、人工知能(AI)を活用した自然言語処理技術「ディープアライメント」を開発したと発表した。

 この技術は、構成の違う2つの文書の内容を比較し、文や段落を自動的に対応させて重複や差異を明確にするもの。リコーの法務部門での実務において、同技術の概念検証を行った結果、人手では約24時間を要する482条文の契約書の対応づけを1分で実行でき、内容チェックの大幅な時間短縮と品質アップに貢献しという。また、従来のテキスト分類技術と比較した結果、2倍以上の対応付けの精度が得られている。

 同技術は、ディープラーニングによって学習した語句の意味に基づき、語句の意味だけではなく、語句が属する文や段落の意味の近さも考慮する。語句の出現順序に依存せずに文や段落同士を対応づけるアルゴリズムを考案するので、より一般的な文書の対応づけに適用できる。

契約書案の対応づけ例
契約書案の対応づけ例
従来技術に対する優位性
従来技術に対する優位性

 例えば、2社でかわす契約書について、双方が作成した内容を比較し、契約書内で同様の内容を述べている部分や過不足を一目で把握できる。このため、文書チェックの時間を大幅に削減でき、双方の意向の違いや検討すべき点を容易に見つけ出すことができるため、契約書作成の効率化など、さまざまなシーンでの活用が期待されるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]