企業はパッチを適用していない--大半の脆弱性は1カ月経っても未対応

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2018年10月31日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くの企業は、脆弱性の情報が公表されてから1カ月後になっても、大多数の脆弱性を修正していないことが明らかになった。

 CA Veracodeが発表しているレポート「State of Software Security」(SOSS)の最新版によると、情報開示から4週間経っても修正されない脆弱性は全体の70%に及び、3カ月後になってもパッチが適用されていないケースでさえ55%近くにのぼるという。

 もちろん、企業のネットワークやアプリケーション、インフラに影響を与える脆弱性の深刻度にはばらつきがあり、一般に、その企業にとってもっとも危険度が高いと思われる脆弱性から問題を解決し、修正していく必要がある。

 しかし、緊急度が高い脆弱性の25%は290日後になっても修正されておらず、緊急度が低い脆弱性の4分の1は、情報開示後1年以上経っても修正されないままになっている。

 全体として見れば、脆弱性のうち4つに1つは21日以内に修正されているが、これでもサイバー攻撃の足がかりになる可能性は残っている。

 1億4600万人の顧客情報が漏えいしたEquifaxの事例を見ても分かるとおり、企業が妥当な期間内に問題を修正できなければ、深刻な被害が発生する可能性がある。

 Equifaxの情報漏えい事件では、「Apache Struts」のフレームワークに存在した脆弱性(CVE-2017-5638)が悪用されたが、この脆弱性に対するパッチは、攻撃が起こる何カ月も前に提供されていた。

 興味深いのは、地域によって脆弱性への対応が異なっているように見えることだ。もっとも対応が速いのはアジア太平洋地域(APAC)の企業で、平均で8日以内に4分の1の脆弱性が修正されている。これに次ぐのが米国の22日で、欧州・中東・アフリカ地域(EMEA)は28日かかっている。

 APAC地域の素早い対応は、この地域の強みであるようにも思えるが、脆弱性全体の様子を見ると、評価は変わってくる。脆弱性の75%に対応するのに掛かっている時間を見ると、米国では平均413日であるのに対して、APAC地域ではその2倍以上時間がかかっており、EMEA地域もAPAC地域とそれほど変わらない状況だ。

 また全体的に、アプリケーションには脆弱性が存在する率が高く、80%以上が1つ以上の脆弱性を抱えている。そのうち30%以上が、緊急度が高い脆弱性だ。

アプリケーションに存在する脆弱性
アプリケーションに存在する脆弱性

 企業が利用するオープンソースのセキュリティについても改善の余地がある。調査によれば、企業が利用しているアプリケーションの85%以上に、1つ以上の脆弱性が存在している。これらの脆弱性には緊急度が低いものも含まれるが、13%は緊急度が高い脆弱性に分類されている。

 とはいえ、企業は情報が開示されたセキュリティホールのすべてに直ちに対応できるわけではない。企業は幅広いサービスやアプリケーションを利用しており、それらのサービスやアプリケーションにも、オープンソースのコンポーネントやライブラリが使われている可能性がある。このため、目配りが必要な潜在的な攻撃対象は膨大な数になる。

 しかしレポートによれば、そうした問題があるにも関わらず、企業のサイバーセキュリティに関する状況は少しずつ改善しているという。

 全体では、最終的に69%の脆弱性が(修正あるいは緩和策によって)解決されていると推計されているが、これは前年に比べて12%高い数字だ。

 CA Veracodeの調査担当バイスプレジデントChris Eng氏は、「セキュリティ意識の高い企業は、DevSecOpsが掲げるスピード・柔軟性・リスク管理のバランスの原則を実現するためには、継続的ソフトウェアデリバリのサイクルに、セキュリティ設計とテストを直接組み込む必要があると気づいている」と述べている。「こうした段階的な改善は、長期的に見れば市場における競争力を得る上で大きな役割を果たし、脆弱性がもたらすリスクを大幅に下げることになる」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]