編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

British Airways、さらに18.5万人分のカード情報流出の可能性

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-29 11:38

 British Airwaysが、9月初めに報告したデータ流出について追加の情報を公開した。

 British Airwaysは現地時間10月25日、データ侵害によって、さらに18万5000人の顧客情報が流出した恐れがあると述べた。犯人は、決済カード情報7万7000件にアクセスした可能性がある。これには、氏名、住所、電子メールアドレス、カード決済情報、カード番号、有効期限、CVV番号などが含まれる。10万8000件は決済カード情報が流出した可能性があるがCVV番号は含まないという。

 British Airwaysによると、2018年4月21~7月28日にクレジットカードを使ってリワード予約した人が影響を受けた可能性があるという。

 またBritish Airwaysは9月の発表当初、カード情報流出件数を約38万件と報告していたが、影響を受けたのは合計約24万4000件だとしてあらためて報告した。

 British Airwaysに対する攻撃は、「Magecart」によるものである可能性が高いと報じられている。Magecartは2015年より活動を続けており、金銭を目的とした脅威グループだとされる。TicketmasterやNewegg、Feedify、ABS-CBNなどがMagecartによる被害を受けているとみられる。

 新たに影響を受けたことがわかった顧客には、British Airwaysよりその旨が報告される。10月26日午後5時までにBritish Airwaysより連絡がない場合は、対策の必要はないとしている。British Airwaysによると、情報が不正利用された事例などは確認されていないという。

British Airways

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]