編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

米エネルギー省、NVIDIA製GPU搭載の次世代スパコン「Perlmutter」開発

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-31 12:12

 米エネルギー省(DoE)は米国時間10月30日、国立エネルギー研究科学計算センター(NERSC)にプレエクサスケールのスーパーコンピュータを新規導入する計画を発表した。2020年に導入される予定となっている。「Perlmutter」と名付けられたこのヘテロジニアスシステムは、CPUのみの筐体とGPUアクセラレータを搭載した筐体で構成される。同システムの性能は、現在NERSCに設置されている、世界の最速コンピュータランキングで10位につけている「Cori」の3倍になるとされている。

 NVIDIAのGPUを搭載するPerlmutterはNERSCにとって、初めての大規模GPUシステムとなる。DoEは6月に、「NVIDIA Volta Tensor Core GPU」を搭載したプレエクサスケールのスーパーコンピュータである「Summit」と「Sierra」について発表している。プレエクサスケールのシステムは、1秒あたり100京(京は1兆の1万倍)回の計算が可能なエクサスケール時代を目前に見据えたものとなる。

 PerlmutterはNERSCにとって、大規模シミュレーションや、実験施設や観測施設から得られたデータの分析を主な目的として設計された初のシステムだ。NERSCの科学者らは、電波望遠鏡や粒子加速器、電子顕微鏡、その他のセンサからの大規模データを処理している。

 このシステムには、データ中心型コンピューティングを念頭に置いてCrayが新たに設計した「Slingshot」というシステム間相互接続機能のほか、直接液体冷却機構、毎秒4テラバイト超のデータ転送速度を実現するオールフラッシュのスクラッチファイルシステムが搭載される。Perlmutterシステムのチーフアーキテクトを務めるNick Wright氏によると、NERSCはCPU搭載ノードとGPUアクセラレータ搭載ノードの双方を用いることで、多様なアプリケーションの生産性を最大化することになるという。

 Wright氏は声明に「GPUの採用によって多くのコードは即座にメリットを得られるようになるが、それ以外のコードはより多くの準備が必要となるだろう」と記している。NERSCの最近の調査によると、同センターで稼働しているワークロードのほぼ半数が、GPUアクセラレーションによる利点を享受できるという。

 Perlmutterという名前は、ノーベル賞を受賞した、ローレンス・バークレー国立研究所の宇宙物理学者Saul Perlmutter氏の栄誉をたたえて付けられたものだ。このシステムの契約総額は、複数年にわたるサービスとサポートを含めると1億4600万ドルにのぼる。

 米国エネルギー長官Rick Perry氏は声明で「ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分野においてリーダーシップを発揮し続けることが、米国の競争力と繁栄、国家安全保障にとって必要不可欠だ」と述べるとともに、「米国の業界との緊密な連携で生み出された、この先進的な新システムは、米国の科学者に発見とイノベーションをもたらすためのパワフルな新ツールを提供するとともに、来たるべきエクサスケールコンピューティング時代に向けた重要なマイルストーンとなるだろう」と続けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]