編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

テクノロジ企業が競合になるのは非常に脅威--ユーザー企業の意識

NO BUDGET

2018-11-01 12:16

 ガートナー ジャパンは、日本企業のデジタルビジネス推進に関する調査結果を発表した。

 これによると、テクノロジベンダーが自社の業界に参入し競合となった場合の影響について、1割強の企業が「自社が破綻する恐れがある」と答え、全体の7割以上の企業がネガティブな影響を受けると認識していることが明らかになった。

テクノロジベンダーが競合となった場合の自社への影響
テクノロジベンダーが競合となった場合の自社への影響

 同調査は、ウェブ経由で2月に実施された。調査対象は、全国の従業員数500人以上のITユーザー企業に勤務するマネージャー職または決裁権がある/関与している人。有効回答数は515件。

 実際に「デジタルビジネスを実現している」とした回答者は、約1割にとどまっており、この結果は、2017年の同様の調査結果と変わらない。また、日本企業の経営層におけるデジタルビジネスへの理解度については、「理解していない」と答えた回答者がおおむね全体の4分の1に上る一方、4分の3の経営層は何らかの形でデジタルビジネスのトレンドを理解していることが明らかになった。

デジタルビジネスへの理解度 (日本企業の経営層)
デジタルビジネスへの理解度 (日本企業の経営層)

 ガートナーでは、デジタルビジネスについて「分かっている」と言っても、実際には半信半疑で腹に落ちていない、または適切な投資判断ができるほどには機会とリスクを正しく理解できていない場合が6割を超えている状況が、このデータには表れているとしている。この点を軽視すると、デジタルビジネスに向けた活動が途中で頓挫してしまう可能性が高くなるため、経営層が深く関与でき、活動初期だけではなく、アイデアの取得や実証実験など各フェーズでの理解度を高めていく仕組みが欠かせないとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]