編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

国内クラウドセキュリティ市場、2022年には220億円規模に--IDC Japan予測

NO BUDGET

2018-11-05 11:19

 IDC Japanは11月1日、国内におけるクラウドセキュリティ市場の2018〜2022年の予測を発表した。これによると、同市場の2017〜2022年の年平均成長率(CAGR)は18.0%で、2022年の市場規模は220億円と予測される。2017年は前年比19.7%増の96億円だった。

国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測:2016〜2022年
国内クラウドセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測:2016〜2022年(出典:IDC Japan)

 IDC Japanでは、クラウドセキュリティを「クラウドシングルサインオン」「クラウドセキュリティゲートウェイ」「その他クラウドセキュリティ」の3つの機能で分類し、市場規模の算出と予測を行った。パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大し、ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要が引き続き高く、市場を牽引していくと見ている。

 また、企業が認めていないデバイスやサービスを従業員が密かに利用する「シャドーIT」による情報漏えいリスクが高まることから、ユーザーの挙動分析やアプリケーションの稼働監視などを行うクラウドセキュリティゲートウェイへのニーズが今後高まるとしている。2017〜2022年のCAGRは37.2%になると予測している。

 クラウドセキュリティゲートウェイを提供するサプライヤーは、国内のクラウドサービス事業者と協業し、クラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充していくべきだとしている。また同時に、パブリッククラウド利用におけるセキュリティの強化だけでなく、データガバナンスの向上対策としてもクラウドセキュリティを訴求すべきだとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]