編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

インテル、最大48コアの「Cascade Lake AP」を発表--HPCやAIに対応

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-06 09:34

 Intelは、「Xeon」プロセッサファミリの新しい2製品を発表した。1つ目は「Cascade Lake advanced performance(AP)」プロセッサで、2019年上半期にリリース予定の次世代Intel Xeonスケーラブルプロセッサで構成されるCascade Lakeファミリの1製品だ。2つ目の「Xeon E-2100」プロセッサは、中小企業向けに設計されたシングルソケットの6コアCPUで、米国時間11月4日から一般提供されている。

 Intelによると、Cascade Lake APプロセッサは、高い演算能力が求められるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、人工知能(AI)、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)の負荷に対応するように設計されているという。マルチチップパッケージによって、CPUあたり最大48個のコアと、ソケットあたり12個のDDR4メモリチャンネルが提供される。ディープラーニング推論に関しては、Cascade Lake APプロセッサはリリース時点で、Intelの「Xeon Platinum」プロセッサの最大17倍の性能を備えるという。

Cascade Lake AP
Cascade Lake AP
提供:Intel

 一方、Xeon E-2100プロセッサは、エントリレベルのサーバに適した負荷に対応する。データセキュリティに向けてIntelの「Software Guard Extension」(SGX)が搭載されている。「Xeon E」プロセッサファミリのこれまでの世代に搭載されてきたSGXは、ハードウェアベースのセキュリティと管理機能を提供する。

 今回の新チップは、Intelの「ワークフローを最適化したチップのポートフォリオ」が絶えず進化し続けていることを実証していると、Xeonおよびデータセンターマーケティングを担当するバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのLisa Spelman氏は先週述べた。同氏によるとこのポートフォリオは、データの指数的増加によって生み出される「演算と処理の幅広い要求を満たす」ように設計されているという。Intelは2018年に入り、データセンターのAIに用いられるXeonプロセッサによる2017年の売上高が、10億ドル(約1130億円)を超えたと述べていた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]