編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

KronosとIBMが人工知能を活用した人事管理ソリューションで提携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-06 10:22

 人事管理ソリューションを手がけるKronosは米国時間11月5日、同社のソフトウェアに、IBMの「Watson」技術を採用したキャリアコーチ機能を搭載するとともに、「AIMEE」という名称の人工知能(AI)エンジンを展開していくと発表した。

 KronosとIBMの提携により、パートタイム労働者に「Watson Career Coach」技術がもたらされることになる。これにより作業員は、モバイル機器を介して動作するプライベートなボットを通じてWatsonを利用できるようになる。

 IBMによると、Watsonのボットは作業員とのやり取りから学習し、作業員の育成や訓練、そして最終的に雇用の継続に向けた対話を行う。Kronosは、パートタイム労働者の離職率が高い現状を鑑み、1日あたり4000万人の労働者が使用する同社のソフトウェアによって、顧客の労働者定着率を高める手助けをしていきたいと考えている。

 KronosとIBMは提携により、Kronosの「Workforce Dimensions Suite」とIBMの「Watson Talent」に次世代テクノロジをもたらす意向だ。具体的には、カスタマイズされた「Watson Career Coach」がWorkforce Dimensionsのデータを利用し、シフト計画や訓練の推奨、コーチングといったワークフォース管理を支援していく。またIBMは、「Kronos Workforce Dimensions Technology Partner」プログラムに参加するという。

Watson Career CoachがWorkforce Dimensionsと連携する様子
Watson Career CoachがWorkforce Dimensionsと連携する様子。

 KronosはAIMEEと呼ばれるAIエンジンの展開も発表した。AIMEEは「Artificial Intelligence for Managers and Employees」(管理者および従業員向けのAI)の頭字語だ。今後予定されているWorkforce Dimensions Suiteの一連のアップデートは、AIMEEを中心に据えたものになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]