富士通マーケ、RPAツールを導入支援--業務可視化から環境構築、シナリオ作成まで対応

NO BUDGET

2018-11-09 07:20

 富士通マーケティングは11月6日、RPA(Robotics Process Automation)ツールの導入支援サービスを提供開始すると発表した。

 このサービスは、同社の総務・経理・購買・営業など9部門での業務自動化の社内実践で得たノウハウを、中堅企業向けにサービス化したもの。今回提供されるのは、RPAツールの機能で自動化できる業務の範囲を明確にすることを目的とした「RPA業務可視化サービス」、実行環境を構築する「インストールサービス」、自動化する業務の処理手続きを作成支援する「シナリオ作成支援サービス」の3つ。

 サービスの対象となるRPA製品は「FUJITSU Embedded System QualityPartner GENEST」と「FUJITSU Software EntreQue V3」の2製品から提供を開始し、今後対象製品を拡大していく。

サービス概要
サービス概要(出典:富士通マーケティング)

 導入検討サポートでは、事業部門と情報システム部門の支援を行う。また、情報システム部門が組織化されていない場合は、自社実践のノウハウから導入に向けたポイントを提案していく。コストや人員などのリソースが割けない場合は、サービス単位を分割して提供し、リソース状況に合わせた形でサービスを個別に適用することも可能。

 RPA業務可視化サービスでは、ユーザーが対象業務の手順をシートに記載し、RPAツールの機能で対象業務の操作履歴を取得する。同社は、作業手順のリストツールで取得した操作履歴を解析し、RPAツールで自動化できる範囲を報告する。インストールサービスでは、ユーザーが用意した機器に対して、RPAツールをインストールし、動作環境の設定を行う。シナリオ作成支援サービスでは、指定された対象業務において、取得された操作履歴をもとにシナリオの作成・動作確認を行った上で、実施する運用テストを支援する。

作業イメージ図
作業イメージ図(出典:富士通マーケティング)
税別の販売価格と提供の開始時期
税別の販売価格と提供の開始時期

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]