シスコ、「Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWS」発表

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-09 10:49

 Cisco Systemsは米国時間11月8日、Amazon Web Services(AWS)との連携に基づき、AWS上で「Kubernetes」を稼働させるためのハイブリッドシステム「Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWS」を提供すると発表した。

 AWSは今回、「VMware Cloud on AWS」という既存製品に加え、さらなるハイブリッド型配備の手段を手にすることになる。

 Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSは複数のクラウドをまたがるアプリケーション配備の効率向上を目的としている。これにより、オンプレミスの「Kubernetes」環境と「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)を整合性あるものにすることができる。

 AWS上でKubernetesを稼働させるというこの取り組みによって、Ciscoのネットワーキングとセキュリティ、監視ソフトウェアがAWSと連携できるようになる。

 Ciscoによると、Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSは12月に提供が開始されるという。顧客は、ハードウェアとソフトウェアのバンドル製品を購入するか、ソフトウェアのみのサブスクリプション契約(期間は1年/3年/5年が用意されている)を結ぶことができる。ソフトウェアのみの価格は、標準的なコンフィギュレーションで年間6万5000ドル(約740万円)からとなっている。また、顧客は自らが作成したAmazon EKSのクラスタごとに1時間あたり20セントを支払うことになる。

 シスコのブログ記事によると、CiscoとAWSは、「Cisco Container Platform」(CCP)とAmazon EKSの統合で協力したという。CCPを使用する顧客は、オンプレミス上でもAWS上でもKubernetesクラスタを立ち上げられるようになる。また、「AWS Identity and Access Management(IAM)」が統合されているため、ポリシーを双方の環境に適用できるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]