編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

シスコ、「Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWS」発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-09 10:49

 Cisco Systemsは米国時間11月8日、Amazon Web Services(AWS)との連携に基づき、AWS上で「Kubernetes」を稼働させるためのハイブリッドシステム「Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWS」を提供すると発表した。

 AWSは今回、「VMware Cloud on AWS」という既存製品に加え、さらなるハイブリッド型配備の手段を手にすることになる。

 Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSは複数のクラウドをまたがるアプリケーション配備の効率向上を目的としている。これにより、オンプレミスの「Kubernetes」環境と「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)を整合性あるものにすることができる。

 AWS上でKubernetesを稼働させるというこの取り組みによって、Ciscoのネットワーキングとセキュリティ、監視ソフトウェアがAWSと連携できるようになる。

 Ciscoによると、Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSは12月に提供が開始されるという。顧客は、ハードウェアとソフトウェアのバンドル製品を購入するか、ソフトウェアのみのサブスクリプション契約(期間は1年/3年/5年が用意されている)を結ぶことができる。ソフトウェアのみの価格は、標準的なコンフィギュレーションで年間6万5000ドル(約740万円)からとなっている。また、顧客は自らが作成したAmazon EKSのクラスタごとに1時間あたり20セントを支払うことになる。

 シスコのブログ記事によると、CiscoとAWSは、「Cisco Container Platform」(CCP)とAmazon EKSの統合で協力したという。CCPを使用する顧客は、オンプレミス上でもAWS上でもKubernetesクラスタを立ち上げられるようになる。また、「AWS Identity and Access Management(IAM)」が統合されているため、ポリシーを双方の環境に適用できるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]