デバイスとクラウドでの包括的なセキュリティが必要--マカフィーCEOが提言

渡邉利和

2018-11-09 11:48

 マカフィーは11月8日、都内でプライベートイベント「MPOWER Cybersecurity Summit」を開催した。基調講演には米McAfee 最高経営責任者(CEO)のChris Young氏が登壇し、同社の最新ビジョンを語った。併せてソフトバンク・テクノロジーとの新サービスも発表した。

マカフィー 代表取締役社長の山野修氏
マカフィー 代表取締役社長の山野修氏

 基調講演であいさつに立ったマカフィー 代表取締役社長の山野修氏は、クラウドに関するグローバルでの調査結果を紹介。それによれば、97%の組織がクラウドサービスを利用し、83%が機密データをパブリッククラウドに保管しているなど、企業のクラウド活用が当たり前になっているという。その一方で、「5人に1人が、自社バブリッククラウドインフラに高度なサイバー攻撃を経験」しているとし、サイバーセキュリティ対策の重要性を強調した。

 続いて登壇したYoung氏は、サイバーセキュリティと地図作成(Cartography)の類似性を指摘するというユニークな論を展開し、クラウド活用を前提とした新しいセキュリティ対策の必要性を訴えた。その上で同氏は、マカフィーの法人向けの新たな製品ポートフォリオとなる「MVISION」に触れ、「これからのサイバーセキュリティはデバイスとクラウドの2つのコントロールポイントで展開する」(同氏)という戦略を紹介、クラウドファースト/クラウドネイティブの製品ファミリーとして順次投入するとした。

McAfee 最高経営責任者のChris Young氏
McAfee 最高経営責任者のChris Young氏

 2018年7月にはその第一弾として、「MVISION ePO」「MVISION Endpoint」「MVISION Mobile」の3製品を発表、今回の基調講演で新たに「MVISION EDR」と「MVISION Cloud」も発表した。MVISION EDRは2019年1月のリリースを予定する。MVISION Cloudは、2017年11月に発表したSkyhigh Network買収に基づき、「Skyhigh Security Cloud」をMVISION Cloudとして提供する。

 ソフトバンク・テクノロジーとの協業では、MVISION Cloudとソフトバンク・テクノロジーのマネージドセキュリティサービス(MSS)や知見を組み合わせた新サービス「MSS for CASB」を、ソフトバンク・テクノロジーが2018年度内に提供を開始するとしている。

MSS for CASBの概要
MSS for CASBの概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]