編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

5Gのサービスを実現するテクノロジを披露--ノキア - 2/8

ZDNet Japan Staff

2018-11-09 16:41

 ノキアソリューションズ&ネットワークスは11月7日、都内で第5世代移動体通信システム(5G)をテーマにしたカンファレンス「Nokia Connected Future 2018」を開催した。5Gの大容量・低遅延などの特徴を生かしたサービスを実現する技術や製品を披露した。

 5Gは、国内では早ければ2019年中にも携帯電話各社が商用サービスの提供開始を予定する。現行の3G/4Gサービスよりも大容量、低遅延、高密度の通信が可能になるとされ、これまで以上に多種多様なサービス/アプリケーションの実現が期待される。

 同社は2016年の旧Alcatel-Lucentの買収を通じて、通信事業者向けシステムや製品に加え、ソフトウェアやエンタープライズ向けソリューションの事業を展開。技術統括部長の柳橋達也氏は、「エンド・ツー・エンド(E2E)の事業戦略を推進しており、通信事業者との連携や、エンタープライズへのキャリアグレードのネットワーク製品の提供、柔軟かつオープンなソフトウェア、5G普及などに向けたエコシステムの拡大に注力している」と説明した。

 カンファレンス会場では、商用版の5G基地局やソフトウェアを活用するネットワークスライシング機能、4Gと5Gの遅延の違いを体感するアプリケーションのデモンストレーションなどを披露した。

5Gでは1つのアンテナがカバーする範囲が広く、4Gまで複数のアンテナでカバーしていた範囲も5Gでは少なくて済み、サービスエリアの設計などがしやすいという

5Gでは1つのアンテナがカバーする範囲が広く、4Gまで複数のアンテナでカバーしていた範囲も5Gでは少なくて済み、サービスエリアの設計などがしやすいという

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]