編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

プライバシー重視のDNSサービス「1.1.1.1」、Android/iOSアプリを公開

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)

2018-11-12 10:14

 Cloudflareは米国時間11月11日、プライバシー優先のDNSリゾルバサービス「1.1.1.1」のモバイルアプリを正式にリリースした。「Android」および「iOS」に対応したアプリはそれぞれのストアで入手可能だ。

 Cloudflareの1.1.1.1は、4月1日にサービスの提供が始まった。これはベーシックなDNSサーバだが、同社はユーザーにプライバシーとインターネット接続の高速化を約束している。

 1.1.1.1は提供開始以来、数回のDDoS攻撃を受けた。Cloudflareはそうしたトラフィックの大半を軽微なものとみなしてきたが、プライバシー擁護派は成功だと評価した。

 活動家やジャーナリストは、抑圧的な国々でブロックリストを迂回するために同サービスを利用してきた。一般ユーザーは日々のインターネット接続を改善するために利用してきた。

 DNSトラフィックをCloudflareのDNSサーバに通すことは、ISPがDNSログからユーザーのトラフィックを監視することを防ぐことにもなる。もちろん、DNSサービスとして1.1.1.1を利用するだけでは十分ではないだろう。暗号化されたVPNまたはアクセスするウェブサイトがHTTPSをサポートしているかを確認するなど、データを収集するISPからトラフィックを隠すには他の手順も必要だ。

 1.1.1.1を利用するには、ユーザーがローカルのインターネット接続を選択したDNSサーバに設定し、ISPから指定された設定をCloudflareの1.1.1.1のIPアドレスに変更する必要がある。

 Cloudflareは今回、AndroidおよびiOS向けアプリにより、ボタンを押すだけの簡単さで、スマートフォンのプライマリDNSサーバを1.1.1.1に変更できるようにした。

 試用者を限定したベータ版は10月にリリースされ、テストは成功していた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]