編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

世界景気ピークアウトの予感か--長期投資で「買い場」と判断

ZDNet Japan Staff

2018-11-14 11:51

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 景気ピークアウトが視野に
  2. 2019年は景気停滞?あるいは、後退?
  3. 乱高下する原油価格が世界景気に大きな影響

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

景気ピークアウトが視野に

 世界株安の流れに飲み込まれ、日経平均も外国人の売りで急落している。外国人投資家から見ると、日本株は「世界景気敏感株」だ。外国人投資家が日本株を売るのは、世界景気が2019年にピークアウトする可能性を視野に入れたアクションと考えられる。

 過去の経験則では、株価は景気よりも半年から1年早く動く。今の株価下落は、今から半年~1年後、つまり、2019年後半の景況を映して動いている可能性がある。2019年に世界景気が減速、あるいは、ピークアウトする可能性を織り込みつつあると、考えられる。

 世界景気の先行きを考えるとき、重要なのは、米国(GDP世界1位)と中国(同2位)の景気だ。米中2カ国が好調ならば世界全体が好景気となり、米中2カ国が弱ければ世界景気が悪化する。

 2017年は米中ともに好景気で「世界まるごと好景気」だった。2018年になって、米景気は引き続き好調だが、中国景気が変調を来している。2019年に、米中ともに景気が息切れするならば、世界は景気停滞あるいは後退に見舞われることになる。そこを今の株式市場は織り込みつつあると考えられる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]