編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

IT人材、2019年はセキュリティのスキルなど高需要--Spiceworks

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-11-25 08:30

 新たな調査で、2019年のIT業界で求められるのは、サイバーセキュリティのスキルや人工知能(AI)分野の人材であることが明らかになった。

 Spiceworksが発表したレポート「2019 State of IT Careers」によれば、米国と欧州の企業の3社に1社が、2019年に新たなスタッフを雇用する計画だという。

 もっとも多く求められているのはサイバーセキュリティ関連の人材だったが、ほかにも、需要が高いスキルとして、インフラハードウェア、エンドユーザーハードウェア、ネットワークソリューション、ソフトウェア導入が挙がっている。大企業では、AIに関する専門的知識の需要が高い。

2019年に求められるスキル

 Spiceworksは10月の発表で、大企業(従業員数5000人)はサイバーセキュリティやAIの人材を求めるものの、中規模企業(同500~999人)はセキュリティのほか、DevOpsのスキルを必要とする傾向があり、より小規模な企業は、エンドユーザーハードウェアに関するスキルやITインフラに関する知識を持った従業員を欲しがる可能性が高いと述べている。

 大企業の回答者は、企業がITの分野で現在直面している最大の課題は、インフラを最新の状態に保つことや、新しい革新的なソリューション(AI、IoT技術など)を導入することだと回答している。

 その一方で、中規模な企業は、ITプロジェクトを導入することの重要性を役員に理解してもらうこと、より小規模な企業は妥当なセキュリティ慣行や標準を守らせることが課題だと考えているという。

 このレポートは、北米と欧州のITプロフェッショナル1000人の回答に基づいて作成された。回答者自身の今後に関して尋ねた質問では、26%が今後転職する予定だと述べており、8%がIT分野から完全に離れる計画だった。また、6%はITコンサルティングの分野に移りたいと考えており、5%が近く引退する予定だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]