編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

3年で300万時間の業務自動化を狙う三井住友FGが語るRPA活用のホント

ZDNet Japan Staff

2018-11-17 08:00

 三井住友銀行(SMBC)などを傘下に置く三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール「UiPath」を導入。活用が広がっているという。

 7月4日に開催された「RPA DIGITAL WORLD 2018」では、SMFG 総務部 上席推進役 兼企画部 業務改革室 上席推進役の山本慶氏が登壇。導入の経緯や効果を解説しつつ、サポートに尽力したというUiPath日本法人代表取締役最高経営責任者(CEO)の長谷川康一氏とともに日本やグローバルでのRPA製品の現状、今後の展望などを語った。

 山本氏は、「銀行を取り巻く環境は劇的に変化している」と説明。金利の低下、規制の強化などで厳しい収益環境に置かれているという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年8月3日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]