編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向
企業買収

BlackBerry、AI活用のセキュリティソフトなど手がけるCylanceを買収へ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-19 13:45

 BlackBerryがセキュリティ企業のCylanceを14億ドル(約1580億円)で買収すると発表した。

 Cylanceは人工知能(AI)や機械学習を活用したソフトウェアによって、エンドポイントに対するセキュリティ脅威を予測、予防するソリューションなどを提供している。同社のソフトウェアは最小限のメモリと電力で機能するという。Cylanceのアクティブ顧客は3500社を超え、Fortune 500企業の20%以上が含まれているという。

 BlackBerryは、スマートフォンのパイオニアとして知られているが、現在はデバイスを製造しておらず(ライセンスを受けた別の会社がBlackBerryスマートフォンを作成している)、スマートフォンとIoT向けのセキュリティソフトウェアにフォーカスしている。

 BlackBerryの最高経営責任者(CEO)であるJohn Chen氏は、「CylanceはAIとサイバーセキュリティ分野をけん引しており、特にUEM(ユニファイドエンドポイント管理)とQNXなどの当社の全体的なポートフォリオをすぐにでも補完するものになるだろう」と述べている

 BlackBerryは、QNXを含む同社のポートフォリオ全体にCylanceの機能を拡大する計画だ。QNXは、セキュリティにおける各種規格の認証を受けた組み込みシステム向けのOSであり、1億2000万台以上の自動車や医療機器に採用されている。将来的に、Cylanceの技術をモノの企業(EoT)プラットフォーム「BlackBerry Spark」に統合する計画だという。

 CylanceのCEOであるStuart McClure氏は、「BlackBerryのモビリティとセキュリティの強みを活用し、Cylanceの高度なAI技術を適応させて、単一のプラットフォームを提供したい」と述べている。

 BlackBerryは買収完了後、CylanceをBlackBerry内部の独立した事業部門として運営する計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]