編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
PDF Report at ZDNet

アップル製品の企業活用をあらためて考える

PDF Report@ZDNet

2018-11-20 15:00

 Appleは10月、新機能を盛り込んだ新型の「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」を発表した。特にMacBook AirやMac miniは、今回の刷新で企業への導入が進む可能性があるとの見方もある。また、iPad Proにはプロフェッショナル向けのアプリが追加され、MacBook Airには「Touch ID」が搭載された。エンタープライズ環境では、Microsoftの製品が多く利用されているが、10月に新しく発表された内容も含め、企業でAppleの製品やサービスの活用が進む可能性もある。

 また、Appleがエンタープライズエコシステムを強化する動きもみられる。大手企業では最近、SalesforceがAppleと連携し、アプリをiOSに最適化しているほか、これまでにCiscoやAccenture、SAP、IBMもAppleのエンタープライズパートナーとなっている。

 企業におけるApple製品活用の可能性や、Appleがエンタープライズに向けたサービスを強化する動きについて、参考になる記事をまとめた。

アップル製品の企業活用

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]