編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

育休者の43.5%が「シャドーIT」で社内情報を収集--EDGE調査

NO BUDGET

2018-11-21 10:53

 EDGEは11月15日、育休者の会社情報の収集方法に関する調査結果を発表した。これによると、過去5年以内に育児休業を取得あるいは取得中の200人のうち、43.5%がLINEやFacebookのメッセージアプリ、個人所有のメールなど、企業が許可していない手法で同僚から所属企業の内部情報を受け取っていたことが分かった。

アンケート結果(出典:EDGE)
アンケート結果(出典:EDGE)

 同社では、企業の情報漏洩対策として、企業が認めていないデバイスやサービスを従業員が密かに利用する「シャドーIT」への規制が強まっている中、育児休業中の社員への情報提供において、そのリスクが高いことが明らかとなったとしている。

 EDGEは、600社・8万人以上に利用される社内SNS「エアリー」シリーズを提供。セキュリティを担保し、効率的な産休・育休者のフォローを実現する「エアリーダイバーシティ」を展開する。

エアリーダイバーシティの概要(出典:EDGE)
エアリーダイバーシティの概要(出典:EDGE)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]