編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

最新IT利用の職場変革、日本はアジア太平洋地区でも遅れ--IDC調査

NO BUDGET

2018-11-21 09:45

 IDC Japanは、日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)で実施した「働き方の未来(Future of Work)」に関する調査結果を発表した。これによると、最新ITを利用した職場の変革を「展開済み/展開中」と回答した企業は、日本が3割超なのに対しAPeJは6割となった。さらに、日本では「最新テクノロジを利用した職場変革に関する具体的な計画はない」と回答した企業が4割に達している。

最新ITを利用したワークスペースの変革状況
最新ITを利用したワークスペースの変革状況

 「デジタルスキルと知見を持った人材が不足している」と認識している企業は、日本では5割近いのに対し、APeJでは3割足らずという結果となった。さらに、日本は従業員のデジタル教育や、IT部門を補強するためのトレーニングや外部のリソースの活用も遅れている結果が出た。

デジタル人材の不足と対応策
デジタル人材の不足と対応策

 IDCでは、今回のAPeJとの比較によって、日本のワークスペースの整備が大きく遅れていることが判明したとしている。また、職場のIT化はもちろんのことだが、ITツールを導入したが使われないということがないように、IT化とデジタル教育、さらにカルチャーの改革を同時に進める三位一体の改革が重要だと指摘した。

 調査は、従業員規模が100人以上、売上高が10億円以上の企業に在籍する「CxO」や最新テクノロジの導入に関わる役職者を対象にしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]