編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Dell EMC、破壊的攻撃からデータを守る「Dell EMC Cyber Recovery」を発表

NO BUDGET

2018-11-21 10:03

 Dell EMCは11月19日、「Dell EMC Cyber Recovery」の提供開始を発表した。

 同製品は、重要なデータを隔離してランサムウェアや破壊的サイバー攻撃から守る新しいソフトウェアで被害後の復旧を管理・自動化する。保護ストレージアプライアンスの「Dell EMC Data Domain」に統合されており、サイバー攻撃のインパクトを最小限に抑えながら、重要なデータとシステムの復旧をより迅速かつ高い成功率で実現する。

 データは、企業のネットワークから隔離された「Cyber Recovery Vault(CR Vault)」内の安全な環境で保護する。また隔離している重要なデータのコピーの維持管理を自動化することで、これらのデータコピーを攻撃対象領域(アタックサーフェス)外で保護することが容易になる。

データ保護のイメージ
データ保護のイメージ

 最適なテストベッドとして機能する「CR Vault」によって、導入企業はリストアを実行することなく、格納しているデータに対してセキュリティ分析を実行できる。その際、保護しているデータセット内に潜んでいるかもしれないマルウェアを起動させない機能を持つ。さらに新しいREST APIオートメーション フレームワークを搭載しており、「Index Engines CyberSense」などのセキュリティ分析ソフトとのシームレスな連携が可能だ。

 価格(税別)は550万円から(Data Domain DD6300モデル)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]