編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

企業を越えたミレニアル世代のコミュニティー--「MINDS」が発足へ

阿久津良和

2018-11-22 06:00

 日本マイクロソフトは11月21日、新たな働き方改革として、ミレニアル世代の働き方改革推進コミュニティー「MINDS(Millennial Innovation for the Next Diverse Society)」を2019年1月1日に発足させると発表した。

 MINDSには、カブドットコム証券、パナソニック コネクティッドソリューションズ、三菱自動車工業、電通デジタル、東日本旅客鉄道、日本マイクロソフト、日本航空、味の素の8社が参加、運営事務局を電通デジタルと日本マイクロソフトが務める。日本マイクロソフトで担当する執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長 兼 働き方改革推進担当役員の手島主税氏は、「2020年までにコミュニティーを通じて、1万人の新しい働き方を創出する」との意気込みを語った。

MINDSミレニアムプロジェクトリーダーたち。味の素 人事部労政グループの古賀吉晃氏、カブドットコム証券 人事室 サブリーダーの野村天生氏、電通デジタル データ/テクノロジー部門 ソリューションディベロップメント事業部 セールス&アライアンスグループの廣瀬徹氏、日本マイクロソフト Microsoft 365ビジネス本部 製品マーケティング部 アシスタントマネージャーの山本築氏、日本航空 人財本部 人財戦略部 ワークスタイル変革推進グループ アシスタントマネージャーの東原祥匡氏、パナソニック コネクティッドソリューションズ カンパニー戦略企画室 事業推進部 事業推進課の秋本一志氏、東日本旅客鉄道 事業創造本部 経営戦略部門 総務・企画グループの針替孝之氏(左から)
MINDSミレニアムプロジェクトリーダーたち。味の素 人事部労政グループの古賀吉晃氏、カブドットコム証券 人事室 サブリーダーの野村天生氏、電通デジタル データ/テクノロジー部門 ソリューションディベロップメント事業部 セールス&アライアンスグループの廣瀬徹氏、日本マイクロソフト Microsoft 365ビジネス本部 製品マーケティング部 アシスタントマネージャーの山本築氏、日本航空 人財本部 人財戦略部 ワークスタイル変革推進グループ アシスタントマネージャーの東原祥匡氏、パナソニック コネクティッドソリューションズ カンパニー戦略企画室 事業推進部 事業推進課の秋本一志氏、東日本旅客鉄道 事業創造本部 経営戦略部門 総務・企画グループの針替孝之氏(左から)

 日本マイクロソフトは、2018年4月に働き方改革の文脈で、国内企業の事例を紹介。約半年ぶりとなる今回の記者会見では、業界・企業の垣根を越えたコミュニティーの設立を明らかにした。同社は革新を創出する3支柱として、「新たな企業文化の醸成・共感の創出」「社員の創造性。人の洞察とテクノロジーの共創」「従来の規制・習慣からの脱却」を掲げ、「われわれは働き方改革ではなく、人を通じた企業・社会変革とイノベーションの創出を目指す」(手島氏)としている。

MINDSの概要
MINDSの概要

 米MicrosoftおよびIDCの調査によれば、今後3年間にデジタルテクノロジの影響を受ける業種は89%に上る。このうち38%は業種内容が変化し、27%が新規創出、24%が無くなる業種だという。この数値を踏まえて手島氏は、「これまでとは異なるワークスタイルが必要となる。AI(人工知能)が代替する業種もあるが、人の創造性や洞察を活用するによう洗練されていくだろう。企業は(この変化に)準備しなければならない」と、働き方改革をさらに推進する必要性とMINDS設立の意義を説明した。

 また、日本マイクロソフトが掲げる「働き方改革NEXT」について、最前線で働く人々を指す「New Work Style」、ミレニアル世代(米国における1980~1990年代に生まれた世代。ジェネレーションYとも呼ばれる)を指す「Innovator」、2020年の教育改革として「Future Ready Skill」の3軸に注力する。MINDSの軸となるミレニアル世代は、2025年までにグローバル労働人口の75%が35歳以下、日本は約50%と言われているが、同社は「生産年齢人口×ミレニアル率×普及率の壁」という試算をもとに、「働き方改革の代理人・伝道者となる約580万人が日本社会の変革に必要」(手島氏)と見る。そこでMINDSを通じ、「多様性のあるコミュニティーで改善しないと創造性を作ることは難しい、社会に貢献する人材を創る」(同)としている。

日本マイクロソフトが掲げる「働き方改革NEXT」のイメージ
日本マイクロソフトが掲げる「働き方改革NEXT」のイメージ

 MINDSでは、各企業の若手世代が集まって実証実験を自社に持ち帰り、エグゼクティブスポンサーを通じて、新しい働き方の実践と提言を行う。東京大学先端科技術研究センター 講師 博士(工学)の檜山敦氏がアドバイザーに就任し、産学連携も行う。「リーダーが各自持ち帰ったアイディアをエグゼクティブスポンサーが取り組むという循環が大事。社会変革の一歩として企業を巻き込みたい。また、大学生にも間口を広げるなど双方連携もポイント」(MINDSコミュニティリーダーを務める日本マイクロソフトの山本築氏)

 まず、2019年1~12月の1年間を最初の区切りとして活動を開始する。各企業から5人程度のミレニアル世代が加わり、第1段階は、参画企業担当者のコミュニケーションを通じて、ミレニアム世代からの"気づき"をまとめる。第2段階では、議論を重ねて活動内容を決定し、実証実験を行う。そして第3段階で結果を参画企業が共有し、「(内容によっては)政府や系座団体にも提言する」(山本氏)との予定だ。

 山本氏によれば、米Microsoftも同様の取り組みを行っているが、それぞれ独立した形でプロジェクトがスタートしている。「米国本社を訪れた際に存在を知り、メンバーと同じ危機感や課題感を共有した。現在は密な連携を始めた状態」(山本氏)といい、日本での具体的な行動計画は2019年以降の発表を予定している。

 参画企業は、「ミレニアル世代には当然の働き方改革の変化を痛感している。老いては子に従えではないが、MINDSの活動で日本社会を変えることが楽しみだ」(味の素 人事部労政グループ シニアマネージャー 菊池さや子氏)、「来年で20年目の節目を迎える当社は、新たなイノベーション創出を通じて、多様な議論や働き方を学べることにワクワクしている」(カブドットコム証券 システム開発部長 小田豊氏)、「デジタル化による社会の変化や、働き方の環境変化は切っても切れない。自分事として参画し、将来に向けた働き方変革を主体的に取り組みたい」(電通デジタル 執行役員 コーポレート部門長 早武淳氏)、「働き方そのものの効率化や抜本的改革はこれから。オフィスや空港、機内、現場でも新しい働き方が必要。各企業と連携しながら研究し、広く発信したい」(日本航空 人財本部 人財戦略部長 福家智氏)、「MINDSは複数のメンバーで今後を担うミレニアル世代が集まっている。活動成果を当社に取り込み、成功に尽力したい」(パナソニック コネクティッドソリューションズ 人事センター 人事企画課長 高柳光弘氏)と、コメントを寄せた。

「MINDS」へ参画する各企業のエグゼクティブスポンサー。日本マイクロソフト 執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長 兼 働き方改革推進担当役員の手島主税氏、味の素 人事部労政グループ シニアマネージャーの菊池さや子氏、カブドットコム証券 システム開発部長の小田豊氏、電通デジタル 執行役員 コーポレート部門長の早武淳氏、日本航空 人財本部 人財戦略部長の福家智氏、パナソニック コネクティッドソリューションズ 人事センター 人事企画課長の高柳光弘氏、MINDSコミュニティリーダー(日本マイクロソフト)の山本築氏(左から)
「MINDS」へ参画する各企業のエグゼクティブスポンサー。日本マイクロソフト 執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長 兼 働き方改革推進担当役員の手島主税氏、味の素 人事部労政グループ シニアマネージャーの菊池さや子氏、カブドットコム証券 システム開発部長の小田豊氏、電通デジタル 執行役員 コーポレート部門長の早武淳氏、日本航空 人財本部 人財戦略部長の福家智氏、パナソニック コネクティッドソリューションズ 人事センター 人事企画課長の高柳光弘氏、MINDSコミュニティリーダー(日本マイクロソフト)の山本築氏(左から)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]