編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

写真で見る、世界最速スーパーコンピュータ上位25システム - 11/26

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2018-12-01 08:30

10.Sequoia

 「Sequoia」も首位の座についていたことがある。このマシンは当時、最速であっただけではなく、効率でも最高レベルにあった。

 IBM Blue Gene/QベースのSequoiaは現在も高い処理性能を誇っている。米ローレンスリバモア国立研究所に設置されており、宇宙の近似からヒトの心臓のシミュレーションに至るまでの、極めて複雑なさまざまな処理に用いられている。このマシンには、100万個以上の「Power BQC」プロセッサコアが搭載されている。

プロセッサコア数:1,572,864
最大性能(LINPACKベンチマーク):17.173ペタFLOPS
メモリ:1.6ペタバイト
消費電力:7,890kW

10.Sequoia

 「Sequoia」も首位の座についていたことがある。このマシンは当時、最速であっただけではなく、効率でも最高レベルにあった。

 IBM Blue Gene/QベースのSequoiaは現在も高い処理性能を誇っている。米ローレンスリバモア国立研究所に設置されており、宇宙の近似からヒトの心臓のシミュレーションに至るまでの、極めて複雑なさまざまな処理に用いられている。このマシンには、100万個以上の「Power BQC」プロセッサコアが搭載されている。

プロセッサコア数:1,572,864
最大性能(LINPACKベンチマーク):17.173ペタFLOPS
メモリ:1.6ペタバイト
消費電力:7,890kW

提供:Lawrence Livermore National Laboratory

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]