編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「Windows 10」、複数の旧バージョンに累積アップデート

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2018-11-28 10:33

 月例パッチが公開される日ではないが、Microsoftが「Windows 10」の複数バージョンに累積アップデートを通じて大量のパッチを提供できないわけではない。Microsoftは米国時間11月27日、Windows 10の複数の旧バージョン向けに累積アップデートをダウンロード提供した。

 同社は27日、Windows 10のバージョン1803(April 2018 Update)、1709(Fall Creators Update)、1703(Creators Update)、1607(Anniversary Update)向けのアップデートを公開した。関連するKB番号ごとのさまざまなバグ修正やパッチは、Windows 10の更新履歴ページに列挙されている。

 27日に一連のパッチが適用されていないのが明らかなバージョンは、1809(October 2018 Update)だ。Computerworldが報じているように、Windows Insider Programの「Release Preview」リングのテスターらは先頃、バージョン1809の累積アップデートを入手している

 Microsoftは、一般ユーザー向けにWindows 10のバージョン1809をリリースして以来、ZIPファイルやマッピングされたドライブ、Intel製ディスプレイドライバなど、バージョン1809に既知の問題がいくつかあることを周知してきた。同バージョンでは、特定の形式のファイルを開くのに「Notepad」などのWin32アプリをデフォルトに指定できない問題や、「Windows Media Player」のシークバーが利用できない問題など、他の問題も起きている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]