編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

2018年第3四半期の国内携帯電話出荷台数は6.1%増--IDC調査

NO BUDGET

2018-11-30 09:24

 IDC Japanは、国内携帯電話およびスマートフォンの2018年第3四半期(2018年7~9月)の出荷台数を発表した。

 これによると、国内携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増の745万台となった。このうちスマートフォンは前年同期比5.6%増の732万台となり、従来型携帯電話は13万台だった。

 IDCでは、同期の成長の要因の一つにAppleが新機種を9月に発売したことを挙げている。この新機種は出荷が前年同期比27.5%増の353万台と好調だった。一方、Android系は合計378万台の出荷となったが、前年同期比では9.0%減となり、2016年第3四半期以来継続していた前年同期比のプラス成長がストップした。

2018年第3四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア
2018年第3四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア
2018年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア
2018年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア

 ベンダー別では、Appleがシェア47.4%でトップだった。2位はAQUOS R2など幅広いモデルで好調な出荷を達成したシャープが88万台でシェア11.9%を維持した。3位は「らくらくスマートフォン」が好調で74万台(シェア10.0%)の出荷を行った富士通、4位は58万台(シェア7.8%)を出荷したソニー、5位はミドルレンジモデルの出荷が堅調な京セラが53万台(シェア7.2%)という結果となった。

 このうち、シャープは前年同期比7.4%増、富士通は6.9%増となった一方、ソニーは30.7%減、京セラは31.6%減となっている。その他、MVNO事業者向けに出荷されることの多いSIMフリーモデルは36.7万台だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]