人工知能(AI)

Dell EMC、AI活用を促進するパッケージソリューションを展開へ

渡邉利和 2018年12月05日 09時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dell EMC(デル/EMCジャパン)は12月4日、人工知能(AI)活用を推進するパッケージソリューション「Dell EMC Ready Solutions for AI」の国内提供を開始した。米国では8月上旬に発表済みのソリューションとなる。

「Dell EMC Ready Solutions for AI」のラインアップ
「Dell EMC Ready Solutions for AI」のラインアップ

 Dell EMC Ready Solutions for AIは、同社のIAサーバ/ストレージを軸にサードパーティ製品やサービス/トレーニングなどを組み合わせたパッケージソリューションとして提供され、2種類のパッケージ「Deep Learning with NVIDIA」「Machine Learning with Hadoop」が準備される。

 Deep Learning with NVIDIAは、Dell EMCとNVIDIAの共同エンジニアリングによるディープラーニング(深層学習)向けモデルで、PowerEdge R740xd(マスターノード)、NVIDIA Tesla V100 SXM2 Tensor Core GPUを4枚搭載し、100テラフロップス超の演算性能を実現する1UサーバのPowerEdge C4140(コンピュートノード)、大規模データセットの高速同時分析に対応するAll-FlashスケールアウトNASストレージのDell EMC Isilon F800(オプション)、独自開発の運用管理GUI「Dell EMC Data Science Provisioning Potal」などを組み合わせる。

 Machine Learning with Hadoopは、Cloudera Hadoop利用を前提とした完全検証済み基盤で、PowerEdge R640およびPowerEdge R740xdで構成、Cloudera Data Science WorkbenchやApache Spark、Dell EMC Data Science Engineなどを組み合わせる。

「Ready Solution for AI導入サービス」の概要
「Ready Solution for AI導入サービス」の概要

 関連サービスとして「Ready Solution for AI導入サービス」が提供される。ソリューションに組み込まれて提供されるAI関連ツール群の使い方や選択方法のアドバイス、ベストプラクティスのアドバイザリーサービスとなる。AI環境をすぐに利用できるように支援するほか、従来の「データサイエンティスト育成サービス」でもこのソリューションに対応していく予定だという。

 いずれも同日付で提供が開始され、価格は「Ready Solutions for AI - Deep Learning with NVIDIA」が5561万円から、「同 Machine Learning with Hadoop」が2493万円から。

Dell EMC 最高技術責任者の黒田晴彦氏
Dell EMC 最高技術責任者の黒田晴彦氏

 記者会見に登壇したDell EMC 最高技術責任者の黒田晴彦氏は、同社がAI事業に取り組む“想い”を語った。「過去の産業革命の局面では日本が主導的な役割を果たすことがなかった」と振り返り、「第4次産業革命と言われる今度こそ日本が世界をリードしてほしい」とした。その上で、少子高齢化の影響でいびつになった日本の人口分布を示し、「子供の数が減っている以上、一人当たりの生産性を向上させるほかない」として、AIやロボットといった技術の活用によって「生産性を向上させてくことに貢献していきたい」と意気込みを語った。

 また執行役員 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 製品本部長の上原宏氏が、同社のサーバ分野における「Value Workload(高付加価値分野)施策」について紹介。現在「Did You Know? キャンペーン」を展開していることに言及し、同社のサーバビジネスの実態が正しく認知されていないとの認識を踏まえた施策だと強調した。

 同氏は直接言及しなかったものの、デルのサーバが「低価格」というイメージのみで見られがちなことに対して、実際には高度な処理を実行するための最新の高性能プラットフォームを提供していることを強く訴える。従来の「安価な汎用サーバで十分なワークロード」はクラウド化の進展などによって縮小していくだろうとの予測を踏まえ、「Value Workload(高付加価値分野)」へのシフトを推進していくとした。その第1弾と位置付けたのが今回のAI分野での取り組みだとし、2019年中に第2弾、第3弾の発表を予定しているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]