編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
人工知能(AI)

Dell EMC、AI活用を促進するパッケージソリューションを展開へ

渡邉利和

2018-12-05 09:05

 Dell EMC(デル/EMCジャパン)は12月4日、人工知能(AI)活用を推進するパッケージソリューション「Dell EMC Ready Solutions for AI」の国内提供を開始した。米国では8月上旬に発表済みのソリューションとなる。

「Dell EMC Ready Solutions for AI」のラインアップ
「Dell EMC Ready Solutions for AI」のラインアップ

 Dell EMC Ready Solutions for AIは、同社のIAサーバ/ストレージを軸にサードパーティ製品やサービス/トレーニングなどを組み合わせたパッケージソリューションとして提供され、2種類のパッケージ「Deep Learning with NVIDIA」「Machine Learning with Hadoop」が準備される。

 Deep Learning with NVIDIAは、Dell EMCとNVIDIAの共同エンジニアリングによるディープラーニング(深層学習)向けモデルで、PowerEdge R740xd(マスターノード)、NVIDIA Tesla V100 SXM2 Tensor Core GPUを4枚搭載し、100テラフロップス超の演算性能を実現する1UサーバのPowerEdge C4140(コンピュートノード)、大規模データセットの高速同時分析に対応するAll-FlashスケールアウトNASストレージのDell EMC Isilon F800(オプション)、独自開発の運用管理GUI「Dell EMC Data Science Provisioning Potal」などを組み合わせる。

 Machine Learning with Hadoopは、Cloudera Hadoop利用を前提とした完全検証済み基盤で、PowerEdge R640およびPowerEdge R740xdで構成、Cloudera Data Science WorkbenchやApache Spark、Dell EMC Data Science Engineなどを組み合わせる。

「Ready Solution for AI導入サービス」の概要
「Ready Solution for AI導入サービス」の概要

 関連サービスとして「Ready Solution for AI導入サービス」が提供される。ソリューションに組み込まれて提供されるAI関連ツール群の使い方や選択方法のアドバイス、ベストプラクティスのアドバイザリーサービスとなる。AI環境をすぐに利用できるように支援するほか、従来の「データサイエンティスト育成サービス」でもこのソリューションに対応していく予定だという。

 いずれも同日付で提供が開始され、価格は「Ready Solutions for AI - Deep Learning with NVIDIA」が5561万円から、「同 Machine Learning with Hadoop」が2493万円から。

Dell EMC 最高技術責任者の黒田晴彦氏
Dell EMC 最高技術責任者の黒田晴彦氏

 記者会見に登壇したDell EMC 最高技術責任者の黒田晴彦氏は、同社がAI事業に取り組む“想い”を語った。「過去の産業革命の局面では日本が主導的な役割を果たすことがなかった」と振り返り、「第4次産業革命と言われる今度こそ日本が世界をリードしてほしい」とした。その上で、少子高齢化の影響でいびつになった日本の人口分布を示し、「子供の数が減っている以上、一人当たりの生産性を向上させるほかない」として、AIやロボットといった技術の活用によって「生産性を向上させてくことに貢献していきたい」と意気込みを語った。

 また執行役員 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 製品本部長の上原宏氏が、同社のサーバ分野における「Value Workload(高付加価値分野)施策」について紹介。現在「Did You Know? キャンペーン」を展開していることに言及し、同社のサーバビジネスの実態が正しく認知されていないとの認識を踏まえた施策だと強調した。

 同氏は直接言及しなかったものの、デルのサーバが「低価格」というイメージのみで見られがちなことに対して、実際には高度な処理を実行するための最新の高性能プラットフォームを提供していることを強く訴える。従来の「安価な汎用サーバで十分なワークロード」はクラウド化の進展などによって縮小していくだろうとの予測を踏まえ、「Value Workload(高付加価値分野)」へのシフトを推進していくとした。その第1弾と位置付けたのが今回のAI分野での取り組みだとし、2019年中に第2弾、第3弾の発表を予定しているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]