編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
Microsoft Connect();

MS、Windows UXの主要フレームワークをオープンソース化--Visual Studio 2019プレビューも公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-05 11:06

 Microsoftは米国時間12月4日、多くの開発者によって利用されている「Windows」フレームワークの「Windows Presentation Foundation」(WPF)と「Windows Forms」(WinForms)、「Windows UI XAML Library」(WinUI)をオープンソースライセンスの下で利用可能にしたと発表した。また同日、「Visual Studio 2019」の初のパブリックプレビュー版を公開した。

 Microsoftは、同社の開発者向け年次イベント「Microsoft Connect(); 2018」にあわせ、上述を含む開発関連の発表を数多く実施した。なかでもWPFとWinForms、WinUIのGitHub上でのオープンソース化は、同社が数年前にこれらフレームワークと距離を置こうとしたものの、開発者の間で人気が衰えなかったためにその方針を転換したという経緯を考えると特に、Connect():イベント最大の発表の1つと言ってもよいだろう。

 Microsoftは2018年の「Build」カンファレンスでアナウンスした通り、WPF、WinForms、XAML Islands(WinFormsとWPFアプリなどでUniversal Windows Platformのコントロールを利用する仕組み)を使ってクライアントアプリを構築するためのサポートを「.NET Core 3.0」に追加している。

 この.NET Core 3.0に関してはMicrosoftは同日、この製品初のプレビュー版を公開したことも発表した。Visual Studio 2019の初のパブリックプレビュー版は同日よりダウンロード可能となっている。このリリースは、開発者がコーディングをより迅速かつ容易に開始/再開できるよう支援することを目的としている。また同社によると、Visual Studio 2019ではさらに広大なコーディング空間が追加されるとともに、より多彩なリファクタリング機能と、より高性能なデバッグ機能がもたらされるという。

 またMicrosoftの幹部らによると、Visual Studio 2019は、Gitリポジトリ(ローカルリポジトリか、GitHubや「Azure Repos」などのオンライン上のGitリポジトリであるかを選ばない)との連携機能を高めることを目的として設計されているという。新たに実現されたプルリクエスト関連のエクスペリエンスによって、開発者らは開発エクスペリエンスをないがしろにすることなく、プルリクエスト対象コードのレビューや実行、デバッグが可能になる。

 また同社は、コーディングのコラボレーションサービスである「Visual Studio Live Share」をVisual Studio 2019から直接利用できるようにしようとも計画している。同社はVisual Studio 2019に搭載するバージョンのVisual Studio Live Shareにおいて、さらに多くのコラボレーション機能を追加しようとしている。また、これら機能はクロスプラットフォームの軽量開発ツールである「Visual Studio Code」の拡張機能としても利用できるようになるという。

 さらにMicrosoftは同日、「Visual Studio 2019 for Mac」(「Xamarin Studio」を再ブランド化したもの)の初のパブリックプレビュー版を利用可能にするとも発表した。この2019年版には新たなウェルカム画面と新たなコードエディタが追加されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]