編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフトのAI担当CTO、不動産テック企業Compassの幹部に

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-12-06 11:17

 Microsoftの人工知能(AI)担当最高技術責任者(CTO)を務めていたJoseph Sirosh氏が退社し、ニューヨークを拠点とする不動産仲介会社Compassの幹部に就任した。Compassは米国時間12月4日、Sirosh氏をCTOに指名し、同氏がエンジニアリングチームを率いることをTwitterで発表した。

Joseph Sirosh
提供:Compass

 Sirosh氏はMicrosoftに約5年半在籍した。それ以前は、8年間Amazonに在籍し、Global Inventory Platform担当バイスプレジデントを務めた経歴を持つ。Amazonの機械学習サービス開発チームも指揮した。

 Compassのツイートによると、同社は、不動産市場向けのAIを利用する新しい製品に取り組んでいるという。

 Compassは初期の頃にはUrban Compassとして知られていた。同社は、テクノロジを利用して、不動産物件の売買にかかる時間を短縮することにフォーカスしている。米国市場で複数の都市を担当するエージェントを擁し、「米国で最大規模の高級仲介会社」と自称している。

 Sirosh氏は2018年6月、MicrosoftのWorldwide Commercial Business担当のコーポレートバイスプレジデント兼AI担当CTOに任命された。LinkedInのプロフィールによると、それ以前は同社のクラウドAIプラットフォーム担当のコーポレートバイスプレジデントを務め、その時期に「Cognitive Services」「Microsoft Bot Framework」「Azure Machine Learning」「Azure Search」などの取り組みを統括した。またそれ以前には、データプラットフォーム担当のコーポレートバイスプレジデントとして、データベースやビッグデータ、機械学習の責任者を務めていた。

 Sirosh氏の後任について、筆者はMicrosoftに問い合わせたが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]