編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

三井物産、システムコンバージョン方式でSAP ERPをS/4HANAに移行

NO BUDGET

2018-12-07 12:29

 三井情報(MKI)は、グローバルで約40カ国の海外拠点で使用している三井物産のSAP ERPを、システムコンバージョン方式で「SAP S/4HANA」へ移行すると発表した。2018年9月に着手され、2019年秋の本稼動を予定している。

 システムコンバージョン方式とは、既存システムの資産を最新バージョンに移行することで、今回のプロジェクトでは、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行に合わせ、現在SAP ERPと別サーバで稼働中のSAP Business Warehouseとワークフローシステムを、SAP S/4HANAと同一サーバ上に統合し、ユーザーインターフェースにも「SAP Fiori」を採用する。

移行概要図
移行概要図

 三井物産の現行システムのアドオン機能は、必要性を再整理した上で、システムコンバージョン方式で移行・継続利用を可能にし、エンドユーザーの負担を最小限としたシステムを構築する。

 今回の移行で、経営判断に欠かせないリアルタイム分析が可能となり、同時にシステムのシンプル化による業務の効率化・自動化や、保守運用費用の低減が実現する。またSAP S/4HANAサーバやデータベースを全てクラウド上へ移行し柔軟性・拡張性を確保することで、将来の新機能や外部サービスの導入が容易となりシステムの継続的な進化に貢献する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]