編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Surface Book 2でブルースクリーンを引き起こす更新プログラム、MSが提供を全面中止

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-10 10:33

 Microsoftは先週、米国時間11月27日付けで公開した更新プログラム「KB4467682」の「Surface Book 2」デバイスへの提供をブロックした後、同アップデートの提供を全面的に停止した。

 「死のブルースクリーン」(Blue Screen of Death:BSOD)が表示されるとの報告を複数のユーザーから受けて、同社がKB4467682のSurface Book 2デバイスへの提供をブロックしたのは、米国時間12月6日のことだった。このアップデートは、Windows 10バージョン1803向けに提供されたものだ。

 この問題の影響を受けるのはSurface Book 2デバイスのみのようだが、Microsoftはその後、サポートページを更新して、同アップデートを「Windows Update」と「Windows Catalog」から削除したことをユーザーに通知した。

 サポートページには、「予防策として、この任意のアップデートをWindows UpdateおよびWindow Catalogから削除し、顧客を保護している。2018年12月のセキュリティアップデートでフィックスと改善が提供される予定で、それにはこの問題のフィックスも含まれる」と書かれている。

 依然として「この更新プログラムの既知の問題」の欄には「System thread exception not handled.」(システム スレッド例外が処理されない)というエラーコードが表示されるという記載があるが、(英語版サポートページでは)Surface Book 2への言及部分は削除されている。

 このアップデートでは、別の問題も発生している。具体的には、Borncityが指摘したように、カスタムスタートメニュー(カスタマイズしたスタート画面をドメイン内のユーザーに展開する、企業向けの機能)が機能しなくなってしまう。このアップデートをアンインストールすれば、問題は解決する。

 Microsoftが最新の1809以外のバージョンでもパブリックテストプロセスを実施していれば、これらのバグが発見されていた可能性もある。

 Microsoftは公式にサポートされているWindows 10バージョン向けのこれらの累積アップデートもテストすべきだ、と主張する声もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]