編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Microsoft 365 Insider」テストプログラムがビジネス向けに登場

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-10 11:27

 Microsoftは「Windows Insider」というテストプログラムを展開している。また、「Office Insider」テストプログラムもある。そして現時点ではそれほど大きく宣伝されていないが、「Microsoft 365 Insider」もあるようだ。

 筆者は「Microsoft 365 Insider」への登録、サインインのページへのリンクを見つけた。「The Walking Cat(@h0x0d)」がTwitterで知らせてくれた。

 そのページには次のような説明がある。

 もしWindowsとOfficeを使っており、デジタルトランスフォーメーションをさらに加速しようとしているのであれば、Microsoft 365 Insider Programに参加していただきたい。

 このプログラムにサインアップすることで、自社のニュースやイベント、コミュニティなどの情報すべてに1つの場所からアクセスでき、コラボレーション、生産性、セキュリティに関して次にたどる方向を明確に把握できる。

 今後数カ月、Microsoftはユーザーの力を借りて、このプログラムを構築し、ユーザーが自分のキャリアでさらなる成功を収めたり、企業が競争力を高められるようにしていきたい。

 Microsoft 365 Insiderプログラムの狙いは、Windows InsiderとOffice Insiderの両方のメンバーに、エンタープライズ向けのWindows、Officeクライアント、Officeサーバ製品やリリースなどの情報を入手できる場を提供することだとMicrosoftの担当者はコメントした。

 この新しいプログラムは、参加者が「Microsoftとより深く関わり、同社が確実に製品のバグやフィードバックを把握し、製品チームにエスカレーションできるようにする機会」を提供する。また、参加者同士がこれらをトピックスにして連携出来る手段を提供すると担当者は述べた。

 Windows InsiderプログラムのチーフであるDona Sarkar氏は、「『Windows Insider Program for Business』が進化したものと考えることができる」と説明した。

 Sarkar氏によると、同氏のチームがOffice Insidersプログラムと連携し、新しいプログラムの運用を続ける。また将来的に、Microsoft 365 InsiderプログラムにはMicrosoftのエンタープライズモビリティ管理サービス「Intune」のテストビルドが加わるという。Microsoft 365が「Windows Enterprise」「Office 365 Enterprise」「Enterprise Mobility + Security」のバンドルであることを考えると理にかなっていると言える。

 「Microsoft 365 Insider」プログラムの名称は、「Microsoft Insiders」に変更する可能性があるとSarkar氏は述べた。

 現時点では、Windows InsiderプログラムとOffice Insiderプログラムは引き続き、これまで通り別々に運用される。Sarkar氏によると、チームは、何が"Insider"にとって意味のあるものになるかを把握しようと取り組んでいる。OfficeやSkype、あるいはその他の製品かもしれないが、Windowsのホームユーザー向けにも想定しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]