編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アイシン・エィ・ダブリュ、生産設備のネットワークをSDNで構築

NO BUDGET

2018-12-13 06:00

 アイシン・エィ・ダブリュは、トランスミッション(変速機)など自動車部品の生産設備をつなぐネットワーク基盤を、SDNを活用して構築した。同基盤は、本社第二工場および岡崎東工場で稼働開始している。構築を担当したNECが発表した。NECが、企業の生産設備をつなぐネットワークにSDNを導入するのは今回が初めて。

 アイシン・エィ・ダブリュは、オートマチック車の核となるオートマチックトランスミッション(AT)や、無段変速である連続可変トランスミッション(CVT)などを開発・生産しており、金属工作・プラスチック成形など組み立て工程の設備から搬送関連、検査機、管理システムまで、多様な設備を導入している。

 従来、設備の稼働情報は、各設備のProgrammable Logic Controller(PLC)から手動で集めたり、手入力で記録したりしていた。このため、1つのプロジェクトで500~600台ある設備から1台ずつ情報収集する場合、設定に非常に手間がかかるとともに、IPアドレスの重複など設定ミスのリスクもあった。

 新ネットワーク基盤は、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」を中核として設計・構築したもので、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)でネットワーク全体を可視化できるようになっており、セキュリティレベルも向上した。

アイシン・エィ・ダブリュ 岡崎東工場のネットワーク概略
アイシン・エィ・ダブリュ 岡崎東工場のネットワーク概略

 工場の設備間ネットワークは、専門的な知識が必要で、製造部門とIT部門が共同で構築する必要がある。また、運用および保守については、製造部門が現場で行う必要があった。今回構築したネットワーク基盤では、SDNを活用することでネットワーク全体の構成や通信状況をGUI画面で可視化し、仮想ネットワークを一元的に管理・制御できる。これにより、万一障害が発生した際にもその部分を迅速に特定し、早期復旧に向けた対策を取ることが可能となる。

 また、生産ラインのネットワークでは、直接インターネットにはつながっていなくても、メンテナンス時に持ち込みPCが接続されるなど、外部からウイルスが混入する可能性があり、IPアドレスの重複など設定ミスによるトラブルのリスクもある。今回構築したネットワーク基盤では、セキュリティ階層の異なる仮想ネットワーク(VTN)を柔軟かつ迅速に構築することで、システムごとに異なるセキュリティポリシーの適用や、ウイルスやサイバー攻撃時における被害範囲の最小化が可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]