編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

セールスフォース、「Lightning Platform」にJavaScriptのサポートを追加へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-14 10:01

 Salesforceは米国時間12月13日、同社のアプリ開発プラットフォーム「Lightning Platform」にJavaScriptのサポートを追加すると発表した。今回発表された「Lightning Web Components」は標準ベースのプログラミングモデルであり、開発者はこれによってJavaScriptを用いて再利用可能なコンポーネントを作り上げることができる。提供は2019年2月に始まる。

 Lightning Web Componentsには、標準ベースのコンポーネントオーサリングフォーマットとコンパイラ、レンダリングエンジンが含まれる。

 Salesforceによると、この新ツールは開発者向けのさまざまなサービスとともにローコードのツールを提供することで、企業がエンタープライズアプリを構築するために新たな人材を雇用しなくても済むようにするための取り組みの一環だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]