編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Windows 10」のデータ収集で一部ユーザーが困惑、MSは用語を改善へ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-17 11:52

 このところ、「Windows 10」のデータ収集がユーザーを困惑させているが、Microsoftは混乱の解消に努めており、どのデータが収集されているのかを明確にするために機能の命名方法を改善することを約束した。

 自分が同意していないにもかかわらず、最近開いたアプリやウェブサイトに関するデータが端末からMicrosoftに送信されているとして、先頃、一部のユーザーが同社に対する怒りを表明した。

 「アクティビティの履歴」には、「アクティビティの履歴をMicrosoftに送信する」というオプションがある。このチェックボックスをオンにすると、複数のデバイス間でアクティビティ履歴が共有される。この機能は、最近使用したサイトやアプリケーションに関するデータをMicrosoftのクラウドに送信することで実現されている。

 しかし、このチェックボックスをオフにしていても、最近開いたウェブサイトやアプリがMicrosoftの「プライバシーダッシュボード」の「アクティビティの履歴」に表示されることをRedditのユーザーが発見した。

 Microsoftは顧客のプライバシーを尊重していると、Windows and Devices Groupでプライバシー責任者を務めるMarisa Rogers氏は述べた。

 Rogers氏は米ZDNet宛ての声明で、「今回のケースでは、アクティビティの履歴という用語がWindows 10とMicrosoftのプライバシーダッシュボードの両方で使われている。Windows 10のアクティビティ履歴データはプライバシーダッシュボードに表示されるデータのサブセットにすぎない」と述べた。

 Windows 10のアクティビティ履歴データをサブセットとして含む完全なデータセットが、Microsoftに送信されるWindows 10の診断データだ。診断データはデフォルトで「完全」に設定されているので、最近使用したアプリやウェブサイトを含むデータが端末からMicrosoftに提供される

 How-To-Geekがこの問題について示唆したように、プライバシーダッシュボードに表示される内容は、送信を承認していないアクティビティ履歴データではなく、デフォルトの診断データ設定が「完全」から「基本」に変更されていない端末から送信されるデータだ。

 Microsoftは将来のアップデートでこの「命名問題」の修正に取り組む予定だとRogers氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]