編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

ファーウェイ・ショックの波紋が世界に拡散--日経平均は目先、下値模索か

ZDNet Japan Staff

2018-12-17 11:22

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. ファーウェイ・ショック余波で世界株安続く
  2. ファーウェイをめぐる米中対立は、世界全体を巻き込む流れに
  3. 欧州リスクにも注意
  4. 2019年10月の消費増税後に、景気対策が一斉に発動される見込み

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

ファーウェイ・ショック余波で世界株安続く

 先週の日経平均株価は、1週間で304円下がり、2万1374円となった。12月1日にカナダで逮捕された中国通信大手ファーウェイ創業者娘の孟晩舟・副会長が12日に保釈された報道を受け、米国・カナダと中国の対立激化が避けられると思惑が出て、日米で株が買い戻された。

 ところがその後、ファーウェイを巡る米中対立が世界経済に重大な影響を及ぼす懸念があることが再認識され、日米で株が売られた。日本株は、長期的には買い場に入っていると考えているが、短期的には一段の下落を警戒した方が良い環境になっている。

日経平均週足:2018年1月4日~12月14日

日経平均週足:2018年1月4日~12月14日

NYダウ週足:2018年1月4日~12月14日

NYダウ週足:2018年1月4日~12月14日

 12月は、米中貿易戦争が激化するか緩和するか、悲観と楽観がくるくる入れ替わっている。その度、株は急落・急反発を、繰り返してきた。

 12月に起こった楽観・悲観の波を簡単に振り返る。

(1)12月1日

 米中首脳会談を開催後、米政府は「2月末まで90日間、中国と通商交渉を行い、その間追加の関税引き上げをしない」と発表。1月から、中国からの輸入品2000億ドルへの制裁関税10%を25%に引き上げる予定だったが、それを延期。トランプ米大統領が「ディール(取引成立)が近い」とツイッターで示唆すると、「米中貿易戦争休戦」への期待が高まった。

(2)12月5日

 中国の通信機器大手ファーウェイの孟副会長が米国の要請で、カナダで逮捕されていたことが明らかに。逮捕の容疑は、米国が経済制裁を実施しているイランへ、不正輸出を行ったこと。これで、米中対立が激化する不安が強まった。

(3)12月10日

 カナダ人の元外交官と企業経営者の2人が10日に中国で拘束された。「中国の国家安全保障を損ねる活動」に加わっていた疑いがあるとして取り調べ中と、13日に中国外務省が発表。ファーウェイ幹部の逮捕への報復との見方が広がった。

(4)12月12日

 ファーウェイの孟副会長が、日本円で8億5000万円の保釈金を払った上で保釈。ただし、保釈後も厳格な監視が継続。米国は身柄引き渡しを要求。カナダが応じるか現時点で不明。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]