2019年、製造業に変革をもたらす7つの高度なテクノロジ - 6/8

Greg Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-01-05 08:30

エンタープライズAR/VR

 産業の分野では、企業の従業員訓練のバーチャル化が急速に進んでいる。石油・ガス業界や公益事業、重工業などの危険が大きい分野では、実際に仕事をしているときに危険を経験するよりも、バーチャルな状況で経験を積んだ方がよいこともあり、企業のVR(仮想現実)トレーニング市場は、2022年までに60億ドル以上に達する可能性がある。

 従業員訓練ではAR(拡張現実)も利用されつつあり、特に技術的なトレーニングの分野で導入が進んでいる。Honeywellは、Microsoftの「HoloLens」を使った、製造部門の従業員トレーニングに使用するMR(複合現実)シミュレーションツールを発表している。今後はさまざまな業界で、例えば、視覚的な補助を受けながら修理サービスについて学ぶといった利用が進むと予想される。

 BoeingやGeneral Electric(GE)などの企業も、これらの技術を従業員訓練に取り込んでいる。

エンタープライズAR/VR

 産業の分野では、企業の従業員訓練のバーチャル化が急速に進んでいる。石油・ガス業界や公益事業、重工業などの危険が大きい分野では、実際に仕事をしているときに危険を経験するよりも、バーチャルな状況で経験を積んだ方がよいこともあり、企業のVR(仮想現実)トレーニング市場は、2022年までに60億ドル以上に達する可能性がある

 従業員訓練ではAR(拡張現実)も利用されつつあり、特に技術的なトレーニングの分野で導入が進んでいる。Honeywellは、Microsoftの「HoloLens」を使った、製造部門の従業員トレーニングに使用するMR(複合現実)シミュレーションツールを発表している。今後はさまざまな業界で、例えば、視覚的な補助を受けながら修理サービスについて学ぶといった利用が進むと予想される。

 BoeingGeneral Electric(GE)などの企業も、これらの技術を従業員訓練に取り込んでいる。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]