SAP、クラウド志向のERP「S/4HANA」のメリットを再強調

國谷武史 (編集部) 2018年12月18日 17時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 SAPジャパンが最新版のERP(統合基幹業務システム)「SAP S/4HANA」の最新動向を報道機関向けに説明し、10月時点で導入決定数が9500社を超え、4500の導入プロジェクトが進行中だと発表した。説明会では、特にクラウド環境とインメモリ型データベース「HANA」によるS/4HANAの活用が、企業のビジネスに俊敏性とデジタルのプロセスをもたらすと改めて強調された。

 2015年にリリースされたS/4HANAでは、当初からHANAの高速データ処理能力が大きな技術的特徴として打ち出され、従来通りオンプレミスでも利用できるが、SAPは現在で言う“クラウドファースト”を取り入れた次世代ERPをコンセプトに掲げてきた。

2018年10月時点における「SAP S/4HANA」の導入関連状況
2018年10月時点における「SAP S/4HANA」の導入関連状況

 同社によれば、S/4HANAを本格稼働させた顧客が2200社を超え、最初の1000社突破までに要した期間は2年7カ月だが、1000社から2000社突破までは10カ月と、その加速ぶりも強調する。現在は、25業界向けのソリューション、38カ国語対応、160カ国で利用可能といったグローバル性も大きな強みになっているとした。

 バイスプレジデント S/4HANA Cloud事業本部長の関原弘隆氏は、クラウド環境で稼働するS/4HANAについて「作り込みではなく標準化」とそのコンセプトを説明した。旧来のERPは、会計や販売、人材、生産の管理といった用途別パッケージと無数のカスタマイズのアドオンを組み合わせるスタイルだったが、クラウドを志向するS/4HANAは、アドオンを減らしてSaaSとして提供される標準機能パッケージ群を組み合わせる。“デジタル変革”が叫ばれる企業のビジネスでは、システム間でデータを円滑に共有・利用していくことが必要であり、旧来のスタイルではシステムのサイロ化やアドオンがそのボトルネックになるというのが同社の観点となっている。

2018年11月リリースにおいて追加、強化された機能
2018年11月リリースにおいて追加、強化された機能

 バイスプレジデント ソリューション統括本部長の森川衡氏は、そうした観点のコンセプトを「インテリジェントエンタープライズ」と表現。データを機械学習で分析しながら、ビジネス拡大につながる知見や予測などの手がかりを得て、実業務に適用させつつ、その結果を加味して再びデータ分析へというサイクルを回していくものとした。同氏は、そのコンセプトに基づくERPの使い方をユーザーが実践していく支援策として、デザインシンキング手法のワークショップなども多数実施していると述べた。

 SAPユーザーの一部は、2025年にサポートが終了するERP 6.0など「SAP Business Suite 7」の製品群をどうするかという課題を抱え、その決断期限が迫りつつある。もともとサポート終了は2015年に予定され、SAPはユーザーの移行見通しが厳しいとして、2011年にサポート期限を2020年に延長、さらに2014年にも2025年へと再延長した経緯があり、2025年以降に“再々延長”される可能性は限りなく低いと見られる。

 こうしたERPの状況にあるSIerの幹部は、「基盤を仮想化して“塩漬け”で使い続けるのも、クラウドベースに移行するのも、あるいはベストオブブリードで他ベンダーに乗り換えるのも顧客次第で、われわれの立場ではそれに応じるのが基本だが、どれを選択するのか、より戦略的な検討をしてほしいと感じる顧客はそれなりにいる」とも語る。

SAPジャパンがERP活用例に挙げた部品製造業の営業プロセスの変革。製品活用と業務プロセスの見直しで実現していけるとする
SAPジャパンがERP活用例に挙げた部品製造業の営業プロセスの変革。製品活用と業務プロセスの見直しで実現していけるとする

 SAPを含む主要なERPベンダーは、製品としてのERPが既にデータ中心の新しい使い方を実現し、そのためのクラウド志向の仕組みにしていると説明する。極端に言えば、後はユーザーの選択次第といった感があり、ベンダー側の説明には販売促進を目指したマーケティング要素も含まれるだろうが、ERP導入に多少なりとも時間がかかるだけに、ユーザーに残された時間が潤沢というわけでもない。最新ERPのテクノロジも踏まえて自社の戦略に沿う導入選択の検討が急がれそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]