編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

SAPがEIM関連の製品を強化

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-19 11:57

 SAPは米国時間12月18日、企業情報管理(EIM)やデータガバナンス分野のアップデートについて発表した。オンプレミスとクラウドポートフォリオにまたがるもので、組み込み型の機能、スタンダロンのサービス、SAP製品とプラットフォームの統合強化などが含まれる。

 まず、SAPは「SAP Master Data Governance」「SAP Agile Data Preparation」「SAP Data Services」をそれぞれアップデートした。新しい機能としては、Agile Data Preparationに加わった機械学習機能がある。3製品がMDM(マスタデータ管理)、データの準備、データのエンリッチ化だけでなく、より広くデータガバナンスをカバーするものであるというSAPのメッセージが一層強く示されている。

 Master Data Governanceには、データ品質やクレンジングの機能が含まれており、徹底したデータガバナンスを追求する狙いは功を奏しそうだ。さらには、これらの製品は「SAP Data Hub」で実行されるデータパイプラインに統合できるようになっている。

 HANA関連では、「SAP HANA smart data integration」「SAP HANA smart data quality」、そして「SAP Agile Data Preparation」で、データの匿名化と列の暗号化などのデータ保護機能が加わっている。SAP HANA smart data integrationは、「SAP Cloud Platform Integration Suite」の一部として利用できるようになった。

 さらに、「SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA」には、データコンソリデーション、中央でのガバナンス、大量の処理、プロセス分析、マスタデータ品質管理などが含まれている。

 これらの発表は興味深いものだ。小規模な機能の強化が多数行われており、SAPのスタック全体が生み出してきた成果となっている。派手ではないが重要であり、強化する取り組みが実を結んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]