編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

SAPがEIM関連の製品を強化

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-19 11:57

 SAPは米国時間12月18日、企業情報管理(EIM)やデータガバナンス分野のアップデートについて発表した。オンプレミスとクラウドポートフォリオにまたがるもので、組み込み型の機能、スタンダロンのサービス、SAP製品とプラットフォームの統合強化などが含まれる。

 まず、SAPは「SAP Master Data Governance」「SAP Agile Data Preparation」「SAP Data Services」をそれぞれアップデートした。新しい機能としては、Agile Data Preparationに加わった機械学習機能がある。3製品がMDM(マスタデータ管理)、データの準備、データのエンリッチ化だけでなく、より広くデータガバナンスをカバーするものであるというSAPのメッセージが一層強く示されている。

 Master Data Governanceには、データ品質やクレンジングの機能が含まれており、徹底したデータガバナンスを追求する狙いは功を奏しそうだ。さらには、これらの製品は「SAP Data Hub」で実行されるデータパイプラインに統合できるようになっている。

 HANA関連では、「SAP HANA smart data integration」「SAP HANA smart data quality」、そして「SAP Agile Data Preparation」で、データの匿名化と列の暗号化などのデータ保護機能が加わっている。SAP HANA smart data integrationは、「SAP Cloud Platform Integration Suite」の一部として利用できるようになった。

 さらに、「SAP Master Data Governance on SAP S/4HANA」には、データコンソリデーション、中央でのガバナンス、大量の処理、プロセス分析、マスタデータ品質管理などが含まれている。

 これらの発表は興味深いものだ。小規模な機能の強化が多数行われており、SAPのスタック全体が生み出してきた成果となっている。派手ではないが重要であり、強化する取り組みが実を結んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]