編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTT-AT、基幹システムのシンプル化目指し「SAP S/4HANA Cloud」を導入

NO BUDGET

2018-12-20 10:33

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、「SAP S/4HANA Cloud」の導入プロジェクトを開始した。SAPジャパンが発表した。

 NTT-ATは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ツール「WinActor」や、コールセンターソリューションを提供する企業で、NTT研究所の研究成果を製品化・サービス化する事業を担っている。

 同社では、SAP ERPを十数年にわたり利用していたが、長年追加されたモジュールが複雑化し、全体のアーキテクチャの整理および業務効率の見直しが必要となっていた。「SAP S/4HANA Cloud」の採用について、業務への適合率が高かったことや、クラウドを前提とした基盤であらゆる経営情報が可視化できることなどを評価した。また、業務のシンプル化、共通業務のコスト削減などが実現できることや、Fit to Standardの手法で、導入も短期間で速やかに進められることも採用の決め手となった。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]