編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

AIが作ったクリスマスソングでホリデイ気分が味わえる?

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-12-22 08:00

 毎年この時期は、鈴の音入りのクリスマスソングから逃れることはできない。しかしどうやら、スウェーデンのAI企業Made by AIは、街を一歩進むごとにクリスマスソングに襲われるだけでは足らないと考えたらしい。同社は、新しいクリスマスソングをいくらでも自動的に作成できる人工知能システムを発表した。

 AIが作曲したクリスマスソングには、「ピーチのツインクルリーフ(Peaches Twinkleleaves)」や「シナモンの柊のベル(Cinnamon Hollybells)」などのそれらしい名前がついている。これらの曲はどれも陽気で、ベルの音にまみれており、ショッピングモールのエレベーターで聞くのにぴったりのものばかりだ。

 Made By AIは、このホリデイシーズン向けの作曲AIをどのように開発したかも説明している。同社は、約100曲のクリスマスソングをMIDI形式でニューラルネットワークに入力してシステムをトレーニングしたが、幸い、その結果できたのは、人間の作曲者に害を与えるようなものではなかった。

 Made by AIは、このクリスマス向けのハックの結果には満足しているが、時間があれば曲にあった歌詞も作れるようにしかたったと述べている。

 AIが作った自分だけのクリスマスソングをダウンロードすることもできる。曲を作曲させる際には、ベル、クラリネット、グロッケンシュピール(鉄琴の一種)の中からメインの楽器を選べる。どのみちクリスマスソングから逃れられないなら、クリスマスソングを流す側に回るのもいいかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]