編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、「Express5800」シリーズを拡充--中堅中小企業の仮想化を支援

NO BUDGET

2018-12-26 11:46

 NECは12月19日、IAサーバ「Express5800」製品群の強化を発表した。最新の「Xeon E」プロセッサを搭載した1Wayのタワーサーバとラックサーバを販売開始する。

 タワーサーバは「Express5800/T110j-S」「同T110j-S(水冷)」「同T110j」の3機種、ラックサーバは「同R110j-1」の1機種となる。

T110j-S(左)とR110j-1(出典:NEC)
T110j-S(左)とR110j-1(出典:NEC)

 新製品は、最大6コアを搭載したプロセッサの採用などにより、従来比で約30%の性能向上を実現。中堅中小企業などのシステムの仮想化を支援する。また、システムの構成情報や稼働状況を収集し、定期的にサーバの状況を診断報告するサービス「サーバ診断カルテ」への対応や、マイクロソフトの管理ツール「Windows Admin Center」との機能連係が可能で、システム運用管理の効率化を支援する。

 サーバ診断カルテは、NECとサーバの保守契約を締結している企業向けのサービス。ハードウェアとソフトウェアの構成情報に加え、ハードウェアセンサ情報(温度、電圧、ファン、電力)、リソース情報(CPU、メモリ、HDD、ネットワーク、プロセス、サービス、ポート)といった詳細情報を定期的にグラフや一覧表など利用した帳票形式で管理者に提供する。

希望小売価格と出荷開始日
希望小売価格と出荷開始日

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]