スマート装具で産業用ロボットをプログラミング--成長を遂げる独新興企業Wandelbots

Greg Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年12月28日 10時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Wandelbotsは、ドイツで最も著しい成長を遂げている新興企業の1つだ。同社は、コードを1行たりとも記述しなくても誰でもロボットのプログラミングができるようにしたいと考えている。ドレスデンを拠点とし、創業からたった1年で成功を収めた同社は、産業向けの自動化ソリューションという未開拓の巨大市場に取り組んでおり、最近シリーズAの投資ラウンドで600万ユーロを調達している。こうした市場はこれまで、オンサイトインテグレーションの専門家を投入できる大企業のものだった。

 産業用ロボットの抱える根本的な問題は、作業を実行させたければ現在のところ、ハードコーディングするしかないというところにある。またそのプログラミング言語は、ロボット企業によって大きく異なっている、つまりKUKAABBファナックのプラットフォームは、それぞれ異なったインターフェースを採用しているため、制御ソフトウェアのエンジニアリングにはそれぞれに固有のスキルを有した専門家が必要となる。また、工場のラインは頻繁に変更されたり一新されたりするため、プログラミング作業は多額の費用をかけて繰り返される。

提供:ZDNet.com
提供:ZDNet.com

 こういったことすべては、世界中のサプライチェーンにおける経済に大きな影響を及ぼしている。ロボットを工場のラインに加えるというのは、操業規模の大きな企業にのみ可能な選択肢であり、そうした企業であってもセットアップ時のコストの高さが障害となり、少量生産への導入には二の足を踏んでいる(多くの場合、原材料のコストも理由として挙げられる)。

 Wandelbotsの最高経営責任者(CEO)Christian Piechnick氏は「ロボットは現在、少品種大量生産を継続している企業にしか導入できない」と述べたうえで、「コストの70%以上はロボットを制御するソフトウェアに直接関係するため、小量生産では魅力に乏しい」と述べている。

 重工業向けではなく、部品の製造といったデスクトッププロダクションに適した小型の協働ロボットを製造している企業は、自社のプラットフォームにProgramming by Demonstration(PbD:デモンストレーションによるプログラミング)と呼ばれる機能を多かれ少なかれ導入している。それらほとんどのアプリケーションにおいて、ユーザーは自らの体を使い、タスクを実行する際の動作に合わせて、小型の協働ロボットを物理的に動かすことになる。ロボットが動作の順序を記憶した後、ユーザーはプログラミングインターフェースを用いてその動作経路や速度を調整し、パフォーマンスを最大化する。

 PbDはまだ完成と言える段階にはないが、セットアップ時間やコストを削減するという点で、協働ロボットの導入を後押ししているのは間違いない。産業用ロボットはあまりにも巨大であり、しばしば物理的なウォークスルーに耐えられないような負荷を取り扱うこともあるため、依然としてコーディングが必要となっている。

 Wandelbotsのソリューションは、センサを搭載した上着とグローブによって装着者の動きをリアルタイムで捕捉し、機械命令に変換するというものだ。

 Piechnick氏は「われわれはスマート装具に基づいたロボット向けの汎用言語を開発した」と述べるとともに、「技術的、あるいは文化的なバックグラウンドに関係なく、実際にやって見せることで、誰でも最も自然かつ直感的なやり方でロボットを教育できる」と述べている。

 同社初の製品である「Wandelbox」の持つ特長の1つに、手本となる動作を複数回やってみせることで指示を最適化できることが挙げられる。Wandelboxはユーザーの動作をただやみくもにまねるのではなく、機械学習(ML)能力を駆使してタスクとその目的に関する仮定を置き、最適化したソリューションを生み出そうとする。

 さらに重要なのは、同社の言語がプラットフォームに依存しておらず、自動的にプラットフォーム固有のロボットへの指示コードに変換されるところにある。

 Volkswagen Sachsenにおけるニューモビリティ&イノベーション担当の責任者Marco Weiß氏は「自動車業界が直面している急速な変化のなかで競争力のある製品を提供するには、製造工程の生産と自動化においてコストを削減しスピードアップを図ることが必要となっている」と述べている。

 WandelbotsはVolkswagenと提携し、ドレスデンにあるVolkswagenのTransparent Factory内で人間とロボットによるコラボレーション(HRC)に向けたアプリケーションの探求を2017年から開始している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]