編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

2019年の銘柄選択--18年の下落率上位5社、上昇率上位5社を分析

ZDNet Japan Staff

2019-01-08 11:01

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 「TOPIXコア30」から銘柄選択する理由
  2. 2018年のパフォーマンスが悪かった5社を抽出
  3. 2018年のパフォ-マンスが良かった5社を抽出

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

「TOPIXコア30」から銘柄選択する理由

 1月7日のレポートでお伝えした通り、筆者は日本株に買い場が到来したと判断している。それでは、どんな銘柄を買ったらいいのだろうか? まずは、日本を代表する大型株から選択した方がいいと思う。これには2つの理由がる。

  1. まだ日経平均が完全に底を打ったと判断できない。これから業績の下方修正が増える可能性も。不透明な環境下では、大型株の方がディフェンシブ
  2. いつになるかまだ分からないが、日経平均が底を打って反発する初期段階では、大型株を中心に買われる傾向がある。中小型株の多くは大型株の反発が一巡してから買っても遅くないと考える

 というわけで、今回は東証1部で時価総額が大きい「コア30」に含まれる30銘柄で、2018年の株価パフォーマンスが悪かった5社と、良かった5社の投資魅力についてコメントする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]