編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AT&TとKDDI、トヨタのコネクテッドカー向けサービスを提供

ZDNet Japan Staff

2019-01-08 13:03

 AT&TとKDDIは米国時間1月7日、Toyota Motor North America(北米トヨタ)が販売するトヨタおよびレクサスのコネクテッドカー向けに全米50州での4G LTEを利用した通信サービスで協業すると発表した。北米トヨタが2019年秋に発売する一部の2020年モデルで利用できるようになる。

 通信サービスは、KDDIとトヨタ自動車が2016年6月に発表した「グローバル通信プラットフォーム」を通じて提供される。同プラットフォームは、車載通信機(データ・コミュニケーション・モジュール:DCM)とクラウド間で、ローミングサービスなどに依存することなく安定した通信を可能にする。グローバル共通のDCMを搭載した車両の位置情報をもとに、国・地域ごとに選定した通信事業者への自動的な接続、切替、通信状態の監視を統合的に行うことができるとしている。

「グローバル通信プラットフォーム」のイメージ(出典:KDDI)
「グローバル通信プラットフォーム」のイメージ(出典:KDDI)

 同サービスを利用することで、ユーザーは例えば、モバイルデバイスでエンタテインメントコンテンツを利用したり、遠隔操作でエンジンやエアコンなどを始動させたりできるほか、ディーラーによる車両の遠隔診断、カーナビゲーションのサポート、緊急通報といった機能を利用できるようになるという。対象車両のユーザーにはAT&Tが無制限のデータプランを提供する。

 協業について北米トヨタ バイスプレジデントのSteve Basra氏は、「これを皮切りに、こうしたコネクテッド技術がもたらす利便性や予見可能な体験を顧客に提供していく。グローバル通信プラットフォームは、トヨタが目指す“全てにモビリティを”というビジョンの実現に向けた動きを支援するもの」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]