編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトとスーパー大手Krogerが"RaaS"で連携--デジタル店舗でアマゾン対抗へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-01-08 16:53

 米スーパーマーケットチェーン大手のKrogerは2017年11月、クラウドへの投資をMicrosoftとGoogleの2社に分けると発表した。Krogerによるとその理由の1つには少なくとも、小売分野で競合するAmazonの売り上げ増加に貢献したくないというものがあったという。

 MicrosoftとKrogerは米国時間1月7日、デジタル小売戦略における「Microsoft Azure」に関する部分についての詳細を発表した。KrogerはAzureをベースにRaaS(サービスとしての小売)サービスを構築し、Azureの持つ人工知能(AI)テクノロジを活用していくという。また両社は、このソリューションに基づくKrogerの商用RaaS製品を他の小売業者に協力して売り込んでいくという。

 店舗や、スマートシェルフの近く、Krogerのアプリケーションで生成されたデータはAzure上で格納、あるいは処理されることになる。この新たなRaaS製品は、Krogerの「EDGE(Enhanced Display for Grocery Environment)Shelf」を活用するものになる。EDGE Shelfはデジタルディスプレイによって価格や宣伝、栄養価などに関する情報を表示するスマート商品棚だ。またEDGE ShelfはKrogerの「Scan, Bag, Go」システムと接続する。

 MicrosoftとKrogerはこの新たなRaaS製品を「小売店によって生み出された、小売店のためのイネーブルメントソフトウェア」と呼んでいる。Krogerが今後提供するものには、Scan, Bag, Goや「Virtual Store Manager」、センサネットワークのほか、POSや在庫管理、値札管理、販売促進といった企業システムへのコネクタが含まれている。その第一弾として、ニューヨークで1月13日から開催される「NRF 2019 Retail's Big Show」のMicrosoftブースでEDGE Shelfが披露される予定だ。

 MicrosoftとKrogerがBloombergに語ったところによると、両社は過去18カ月にわたって力を合わせてきており、その成果であるデジタル商品棚システムは、Krogerが2700店以上抱えているスーパーマーケットのうちの92店舗で稼働しているという。

 Microsoftの狙いは、Amazonを脅威として捉えている小売業者にAzureプラットフォームを売り込むことで、その普及を進めるというものだ。なお、Microsoftは2018年11月にWalmartとのパートナーシップを拡大している


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]