編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シトリックスの「Windows Virtual Desktop」に関する計画が明らかに

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-01-16 08:00

 Microsoftが2018年9月の「Ignite」で「Windows Virtual Desktop」について発表したとき、同社は、Citrixなどを始めとする、従来からの仮想化分野のパートナー企業から役割を奪うことはないと説明した(一部の業界ウォッチャーは、Microsoftがより本格的な仮想化サービスをリリースした場合、CitrixがMicrosoftにとって重要なパートナーであり続けるかについて懐疑的だ)。1月第2週に開催されたカンファレンス「Citrix Summit」では、MicrosoftとCitrixから、Windows Virtual Desktopに関するいくつかの追加情報が出てきた。

 Windows Virtual Desktop(WVD)は、「Windows 7」および「Windows 10」、「Office 365 ProPlus」のアプリケーション、サードパーティーのアプリケーションをAzureの仮想マシンでリモートから実行し、仮想化するサービスだ。WVDを利用すれば、顧客は1つのWindows 10またはWindows Serverの仮想マシンに複数のユーザーをログインさせ、リモートデスクトップセッションを提供することができる。デスクトップ全体を仮想化することも、Microsoft Storeのアプリや業務アプリケーションだけを仮想化することも可能だという。また、2020年1月のサポート終了以降にWVDでWindows 7を仮想化して利用したい顧客は、「Extended Security Updates」を購入しなくても、3年間はWindows 7を使い続けられる。

 Microsoftは2018年末までにWVDのパブリックプレビューを公開するとしていたが、これはまだ実現していない。ただし、Citrix SummitでMicrosoftの担当者が発言した内容からすると、2019年の第1四半期中にはパブリックプレビューの提供が始まりそうだ。

 Microsoftは、MicrosoftクラウドソリューションプロバイダーのパートナーであるCitrixに対して、WVDの販売と、2019年第1四半期のパブリックプレビュー開始時点から、WVDと「Citrix Workplace」「Citrix Virtual Apps and Desktops」(元々「XenApp & XenDesktop」と呼ばれていた製品)を統合することを認めている。その代わり、CitrixはAzureを「推奨パブリッククラウド」として認めるMicrosoftのパートナーの1つに加わる(ただし、独占クラウドプロバイダではない)。

 Citrixの担当者は、2018年秋のIgniteで、同社はMicrosoftと協力してWVDをベースにした「サービスとしてのデスクトップ」(DaaS)製品を開発すると述べていたが、詳細についてはとんど触れなかった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]